Pocket

2018年8月18日(土)にあのWink

(ウインク)が1日限りの再結成を

して、大ヒット曲「寂しい熱帯魚」を

披露してくれます。

Winkがデビューして30周年を記念しての

ファンへのプレゼントです。

現在、Winkとして活動していないから

デビュー30周年というより、誕生30年

という感じですね。

目次

Wink(ウインク)がNHKでの復活はいつ?

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:タワーレコードオンライン

 

Wink(ウインク)が1日限りの復活をするのは、

8月18日(土)放送NHK「第50回思い出のメロディー」

です。

 

 

デビュー30周年となるWink(ウインク)

ですが、1夜限りですが、10年ぶりの復活!

 

 

Wink(ウインク)の名曲ともいえる

「寂しい熱帯魚」「愛が止まらない」

披露してくれます。

NHK総合テレビ: 8月18日(土)午後7時30分~10時

Wink(ウインク)とは?

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:BANANA

 

1980年第後半から90年代にかけて

人気を博した2人組のデュオ。

 

 

Wink(ウインク)は1988年に

相田翔子・鈴木早智子の2人で結成しました。

 

 

無表情のデュオとしても有名でしたね。

 

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:Printerest

 

でもそれは、2人をWink(ウインク)として

売り出す時に森祐平社長が言い聞かせたそうです。

 

 

”無表情でいること”

 

 

2人は社長の言いつけを守っていたのですね。

 

 

デビュー曲は、1988年4月ドラマ

「熱っぽいの」の主題歌「Sugar Baby Love」。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:YouTube

 

ブレイクしたのは、シングル3作目のドラマ

「追いかけたいの」の主題歌

「愛が止まらない~Turn It into Love」

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

以降1990年3月にリリースの「Sexy Music」で

5曲連続オリコンチャート1位を獲得、

人気は頂点に達しました。

 

 

1989年7月にリリースされたシングル5作目

「寂しい熱帯魚」が第31回日本レコード大賞を

受賞しています。

 

頼りなさげな素人っぽい雰囲気の

相田翔子と、1歳年上のちょっと

気が強そうだけど危なっかしい

鈴木早智子の2人が当時の女の子の心

もしっかりと掴みました。

 

 

可愛いけど近くにいそうな二人が

一生懸命だけど、踊りがぎこちなくて

歌もすごくうまいわけじゃなくて

「私にも踊れそう!」

 

 

オルゴール人形のように

無表情な振り付け!

 

WinkがNHKで復活1相田翔子と鈴木早智子

 

そこも人気の一つだったと思います。

 

 

 

テレビを見ながら

一緒に踊っていた記憶があります。

 

 

Wink(ウインク)も思い出のメロディに

出るような懐メロになってしまったなんて!

時がたつのは速い!

 

 

Wink(ウインク)は活動停止しただけで、

今も“解散”はしていません。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:YouTube

 

 

だから2人は

「どうしても来年の結成30周年に再始動し、

ファンの前できちんと解散して“けじめ”を

つけたい!

 

 

と話し合っていたそうです。

 

”けじめ”をつける話は出ていない

ようなので、ちょっと胸を

なでおろしています。

 

Wink(ウインク)のメンバー・鈴木早智子

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ZAKZAK

 

 

鈴木早智子(すずき さちこ)は

1969年2月22日生まれで東京都出身、

3兄弟の長女で、デビュー前から

「さっちん」と愛称で呼ばれる

歌手、女優、タレントです。

 

 

Wink(ウインク)で活動中は

アップライト・ミュージックに

所属していましたが、現在の

所属はセンス・プロダクションです。

歌手になるのが子どもの頃からの夢

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

 

出典:エントビ

 

小学2年生の時から歌手に憧れていた

鈴木早智子は、中学生の時に

アニメソングのオーディションに

合格したが辞退。

 

 

都内の高校に進学するものの、歌手を

目指すためアルバイトをしながら

ボーカル教室に通い、高校は中退

してしまいます。

 

歌手デビューのきっかけ

 

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:オークファン

 

1986年11月2日、成城大学の学園祭で

行われた青年誌「UP  TO  BOY」の

ミスコンでミス・アップ第7代グランプリを受賞

 

 

グランプリになった鈴木早智子は、

1987年3月号はグラビア、

5月号には表紙と巻頭グラビアを飾ります。

 

 

このグラビアが鈴木早智子の

運命を大きく変えることになります。

 

 

アップライトミュージック社長・森祐平が

このグラビアを目にして、設立したばかりの

自分の事務所に所属させることにしたのです。

 

 

1988年、ミス・アップ第9代グランプリの

相田翔子とWinkを結成し、4月27日

「Sugar Baby Love」で子どものころからの

憧れの歌手デビューをすることができました。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:YouTube

 

 

デビューはしたものの、しばらくは鳴かず飛ばず。

 

 

1988年11月、シングル3作目「愛が止まらない

~Turn It Into Love」でブレイクを果たしました。


Wink(ウインク)時代に出されたアルバムに

鈴木早智子のソロ曲が2,3曲づつ、

Miyoko.A名義で3曲、鈴木早智子名義で

2曲の作詞も手がけました。

 

 

眠っている才能を起こして

もらっていたのですね。

 

Winkの活動停止からスキャンダラスな動向へ

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:毒女ニュース

 

 

けれども残念なことに、Winkの活動が

停止してからは、レコード会社・ポリスター

との契約がなくなったため新曲が出せないとか

 

 

番組の企画で鈴木早智子はわがままだと

視聴者が思ってしまうような企画に出演

するとか、思うように前に進めない時が

長く続いていたようです。

 

 

2008年4月に芸能事務所エグゼに移籍。

12月「第50回日本レコード大賞」

EXILEの「Ti Amo」がレコード大賞

を取った年、Wink(ウインク)として

ゲスト出演し、「寂しい熱帯魚」を

歌います。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:女性自身

 

ところが、年が明けてすぐ

鈴木早智子の救急搬送のニュース

流れたのです。

 

 

薬物服用で、自殺未遂では??

それとも薬物乱用???

 

 

とうわさされましたが、本人が

当日に会見を開いて経緯を説明。

 

 

「日ごろから睡眠不足だったので

安定剤を服用しました。」

 

この年、9月にDVDに出演します。

「September Shock」

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:Japanese Class

 

本人と発売元は否定するものの

メディアからは「AV」または「ソフトAV」

センセーショナルに報じられました。

 

 

「衣装がなくて「ソフトAV」元Wink「鈴木早智子」
(週刊新潮2009年8月6日号)

「鈴木早智子(40) 元Wink衝撃の9月「AVヘアデビュー」映像」
(週刊ポスト2009年8月7日号)

 

 

あのWink(ウインク)の鈴木早智子が?!って

話題になるのわかりますね。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子出典:officiallyjd com

 

さらに翌年、俳優・津田英佑と

不倫関係にあったことが週刊誌で

報じられました。

 

 

 

当面は、芸能界活動を自粛することを

発表しましたが、自粛中に自叙伝

「負けじ魂」を執筆、11月に出版しました。

 

 

「負けじ魂」には

  • 不倫の否定
  • 芸能活動復帰

を発表し、さらに

相田翔子は勝ち組、自身は負け組

とも書いています。

Winkがnhkで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:読書メーター

 

 

「負けじ魂」というタイトルからして

自分への応援、励ましだったのかな

 

3人兄弟の一番上のお姉ちゃんでA型。

B型で年下の相田翔子にも

「頼りになるお姉さん」って

思ってもらってきつかったのかもしれない。

 

 

エグゼ在籍中には、スキャンダラス

動向が見えましたが、2013年に

センス・プロに所属しました。

 

 

移籍した時には心機一転!だったのか

テレビ番組に2本出演後、活動は一旦

止まりましたが、2016年5月からは活動再開。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:TUTAYA

 

2017年8月には「心霊呪殺死返し編」に出演!

8年ぶりにテレビドラマ出演をしています。

 

 

これからはWink(ウインク)の鈴木早智子を

捨てて、人間・鈴木早智子で

頑張りを見せてほしいです。

 

人生に勝ち負けなんて多分ありません。

ただ、自分が負けだと思っていたら

負けです。

 

後悔しないように、自分で

道を選んでいってほしいです。

 

今回のWinkの出演を決めたのには

こんな気持ちからだそうです。

 

 

「今年の4月にデビューから丸30年を

迎えるという一つの大きな節目があった

のですが、改めて当時応援してくださった

ファンにありがとうという気持ちを

お伝えしたくて

 

Wink(ウインク)のメンバー・相田翔子

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:Barks

 

 

相田翔子(あいだしょうこ)は

1970年2月23日生まれ、東村山市出身。

 

アップフロントクリエイトに所属の

女優、歌手でありタレント。

 

Wink(ウインク)時代は、頼りなげで

笑う時があるのかと思わせるくらい

無表情だった相田翔子ですが

沢山の面白いエピソードがあります。

相田翔子の意外な子どもの頃

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

 

 

おとなしそうな相田翔子も

子どもの頃は、やんちゃで

いたずら好きだったそう。

 

 

また、3歳の時には肥溜めに落ちた

偶然通りかかった姉の友達に助けて

もらったとか、

 

 

歌は小さい時から好き

姉とピンク・レディーを

歌っていたそうです。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:NAVERまとめ

相田翔子はミーとケイの

どちらが好きだったでしょうか?

 

 

ケイです!

 

 

イメージ通りですね!

 

 

中学生になると憧れは

クラッシュギャルズに変わります。

 

 

本格的に女子プロレスのトレーニングに励み、

全日本女子プロレスのオーディションにも

数回応募したのだとか。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:元東スポ、プロレスリングレボリューション

 

 

いつも不合格だったのでプロレスの道は

断念したけれど、休み時間は友人と

プロレスごっこをして技を掛け合っていた

そうです。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:suruga-ya.co.jp

 

 

 

ちょっと、どんなものか技を

かけてもらいたい気がします。

 

 

相田翔子が本格的に

女子プロレスのトレーニングって

想像できません!

 

相田翔子が芸能界に入るきっかけ

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ninjintei.jp

 

中学2年の時、友人の応募で

オーディションを受けたこと

きっかけで、渋谷でスカウトされ

芸能プロダクションに所属しました。

 

 

お母さんは歌手になりたかった

という夢があったので、歌手としての

レッスンが始まった相田翔子を応援

しましたが、お父さんは芸能界入りが

心配で反対。

 

 

歌手デビューは高校卒業まで

事務所には待ってもらうこと

にしました。

 

 

1987年9月、「UP TO BOY」の

第9代ミスアップ・グランプリを受賞

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:suruga-ya-.jp

 

第7代グランプリの鈴木早智子と

Wink(ウインク)を組むことになりました。

 

 

デビュー当時は、頼りなさげな

素人っぽい雰囲気を残していましたが

見かけとは違って、その心の中には

 

「どんどん勉強して実力をつけて、

自分の書いたものを人に見てもらえる

ようになりたい」

 

 

作詞に対して熱い思い

みなぎっていました。

 

Wink時代は音楽に打ち込み、

ソロに、作詞、作曲にと

挑戦を重ねてきました。

 

頑張りは花を開かせるのですね。

 

Wink(ウインク)の活動を停止

 

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:at matome.jp

 

1995年3月、ソロプロジェクトに着手

したことで、ソロ活動とけじめを

つけるための、Wink(ウインク)の

活動停止です。

 

 

活動停止後、自分一人では何もできないので

引退を決意した相田翔子でしたが

「君には作詞も作曲もある」

と言われ、思いとどまったそうです。

 

活動停止後の2年間に、全曲自作曲の

ソロアルバムを2枚出しています。

「JO’LA」「Luz」

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

 

出典:相田翔子オフィシャルブログ

 

相田翔子がたどり着いたところは

ボサノバの世界でした。

 

 

本人はアーティストであることに

こだわり過ぎていたと言っていますが

それが原因かどうかわかりませんが、

あまり一般受けしませんでした。

 

 

ポジティブな相田翔子

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:相田翔子オフィシャアルブログ

 

この一般受けしなかったソロアルバムが

相田翔子の大きなターニングポイント

になります。

 

 

表現者である限り、恥をかいてもいいから、

もっとありのままの自分を表に出していこう

と決心したのです。

 

この強い決意により、バラエティ番組で

相田翔子の顔をよくみかけることに

なりました。

相田翔子のバラエティでの活躍

1998年「世界うるるん滞在記」に出演。

旅先での思い切りのよいレポートが好感を

持たれ、1999年4月から同番組の司会に

起用されました。

 

 

2000年7月「踊る!さんま御殿!!」に

ゲスト出演。天然ボケのキャラクターで

注目されるようになりました。

 

以降、「笑っていいとも」「メレンゲの気持ち」

「いいはなシーサー」など数々の番組で司会、

レギュラーを務めるとともに「花とアリス」

「七色のおばんざい」など映画、ドラマにも

出演して女優、テレビタレントとしても活躍しています。

 

精力的な音楽活動

  • 地中海地域の音楽や往年のフレンチ
    ポップスをカヴァーしたアルバムの発表
  • 2004年以降「晩餐ライブ」の開催
  • CD、デジタル・ダウンロードシングルのリリース

 

 

テレビ番組や音楽への思い

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:static.pinky-media.jp

 

テレビ番組への出演は、素の自分を

表現できる場として大切にしたい。

 

また、自分で曲を作って歌うことは、

うまく口に出せない感情も表現できるので、

ライフワークとしてずっと続けていきたい。

 

Wink(ウインク)への思い

Wink(ウインク)は

夢のようで刺激的で濃厚で鮮烈なもの」で

「今でもWink(ウインク)やその楽曲を

大事に思うファン、当時のスタッフ、

そして早智子とじゃなければ

私にはできなかったこと」と語っています。

これからの芸能活動への思い

現在の相田翔子はバラエティ番組の

出演よりも女優としての活動

目立ってきています。

 

 

2006年10月28日公開の映画「虹の女神Rainbow Song」では

年下の主人公を翻弄する恋人役で出演。

もう若くはないことを自覚し、年齢を

偽ってでも可愛いらしく振舞い、主人公の

気を惹こうとする女の悲しい性を丹念に表現。

 

 

「年齢不詳の女の持つ迫力をまざまざと

見せつけてくれたのは衝撃ですらあった」

と、キネマ旬報で評されたほどです。

 

 

「今は本当に恵まれた環境で仕事ができる

ことを実感しているんです。でも、もっと

追いこまれる場所で仕事をしてみたい。

大きな壁にぶつかってそれを乗り越える

ことで、自分自身も見えてくるし、

周囲からも理解されると思うから」

 

 

プライベートも充実

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子出典:img-cdn.jg.jugen.jp

 

2008年7月31日、医師の相澤宏光と

婚姻届を提出しています。披露宴は

同年10月30日に東京・芝公園のザ・

プリンスパークタワー東京。

 

 

ご主人の相澤宏光氏は相澤英之元

経済企画庁長官と女優・司葉子の息子さん。

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:TV-asahi.co.jp

 

2012年1月13日、第1子となる女児を

予定日より2ヶ月早く出産しました。

1866gと小さかった長女も、6歳となり

元気に成長されています。

 

 

Wink(ウインク)活動停止後も、「すごく

優しくて、お姉ちゃんのように相談できる」

と慕っていた鈴木早智子とは電話で話したり

結婚式に招待したり交流は続いているとのこと。

 

仲の良い二人のデュオを楽しみにしたいですね。

Wink(ウインク)のアルバムを紹介

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

 

1988年のデビューアルバムから、1995年までの

約7年間に15枚のアルバムを出したWink。

 

全1アルバムがオリジナル・マスターからの

リマスタリング、更に高音質UHQCDとして

リリースされます。

ポリスターのWink30周年特設サイトから

配信サービスのリストを見ることができます。

“Moonlight Serenade”
(1988年7月1日作品)

渚物語 / NAVY BLUE / BYE BYE BABY /

風の前奏曲~プレリュード~ / DANCE WITH ME /

素敵にHappy Birthday / 朝焼けのバルコニー /

あなたの肩に頬うめて / SUGAR BABY LOVE /

ジャスミンは哀しい香り

-ボーナス・トラック- アマリリス / 迷子のロンリー・ハート

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:HMV

 

1stアルバムのテーマは“センチメンタルな夏”

デビュー・シングル「SUGAR BABY LOVE」

(The Rubettesのカバー/1974年)他、60年代

~70年代のアメリカン・ミュージックをカバー

収録した作品。

 

 

The Four Seasons(1965年)後にBay City Rollers

(1975年)「BYE BYE BABY」、Diane Renay

「NAVY BLUE」(1963年)、Orleans「DANCE

WITH ME」(1975年)、Paul Anka

「あなたの肩に頬うめて」(1959年)など。

 

 

海外アーティストのカバー・アイドル・デュオ

として人気を誇ったデビューアルバム。

 

 

ボーナストラックに2ndシングル『アマリリス』

とそのカップリング『迷子のロンリー・ハート』

を収録。

 

“At Heel Diamonds”
(1988年12月1日作品)

 

愛が止まらない~Turn it into love~ /

LOVE IN THE FIRST DEGREE~悪いあなた~ /

CROSS MY BROKEN HEART~優しい頃を踊りたい~ /

愛が止まらない~Turn it into love~[Remix-Version] /

Sugar Baby Love[Remix-Version] 6.冬のフォトグラフ 

-ボーナス・トラック- DING DING~恋から始まるふたりのトレイン~

 

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:駿河屋

 

デビュー曲「Sugar Baby Love」のリミックス、

期待の新曲「愛が止まらない」(Kylie Minogue/1988年)と

そのリミックス、

Bananarama「LOVE IN THE FIRST DEGREE」(1989年)、

Sinitta「CROSS MY BROKEN HEART」(1988年)のカバー曲など、

 

 

80年代ユーロ・ビートを牽引した

イギリスのプロデュース・チーム・

「Stock , Aitken , Waterman」の

カバー楽曲を収録。

 

 

オリジナルとして唯一のミニ・アルバム。

 

 

ボーナストラックにシングル

「愛が止まらない」

 

カップリング『DING DING ~

恋から始まるふたりのトレイン~』を

収録。

 

Especially For You
~優しさにつつまれて~”
(1989年4月26日作品)

Especially For You~優しさにつつまれて~ /

Baby Me / 硝子の心~Heart Of Glass~ /

Only Lonely / Take Me To Heave~今、

恋をしている / おしゃれ泥棒 /

Remember Sweet / ひきとめないで /

優しく愛して… / 涙をみせないで~Boys Don’t Cry~

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:HMV

 

初のシングル・チャート1位を獲得した

「愛が止まらない」リリース後の2ndアルバム。

 

 

オープニング曲はWink効果の影響もあり

日本で人気となった、Kylie Minogue & Jason Donovan「Especially For You」(1988年)、

他Blondie「Heart Of Glass」(1979年)、

Conni Francisの大ヒット曲「おしゃれ泥棒」(1962年)など、

カバー曲をメインに収録。

 

 

アルバムチャート1位を獲得しました。

“Twin Memories”
(1989年12月1日作品)

Oh My Love[Introduction] /

One Night In Heaven~真夜中のエンジェル~[Remix] /

Special To Me / Shining Star /

さよなら小さなCrybaby /

愛してる~Never Stopped Loving You~ /

In Your Letter / 夜間飛行 / Joanna /

淋しい熱帯魚[Remix] / Oh My Love 

-ボーナス・トラック- 背中まで500マイル / Cat-Walk Dancing

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:アマゾン

 

 

Winkのすタイルは、カバー楽曲を幅広い

アレンジで歌うというもの。

 

 

このWinkのスタイルが確立した

3枚目のアルバムになります。

 

 

オープニングとエンディングに

John Lennon「Oh My Love」を収録し、

アルバムのイメージを印象づています。

 

 

他Bobby Caldwel「Special To Me」(1979年)、

REO Speedwagon「In Your Letter」(1981年)、

Kool & the Gang「Joanna」(1983年)など

 

 

これまでとはアプローチが異なるAOR、

ファンク、ソウル、ロック系アーティストを

中心にカバーを選曲したアルバムになっています。

 

「さよなら小さなCrybaby」は相田翔子の

初のソロ・ボーカルで作詞も担当しています。

 

「Joanna」は鈴木早智子の初ボーカル。

 

 

ボーナストラックにシングル「淋しい熱帯魚」の

カップリング『背中まで500マイル』、

シングル「One Night In Heaven」の

カップリング『Cat-Walk Dancing』を収録しています。

 

“Velvet”
(1990年7月11日作品)

Sexy Music[Remix] / Rainy Lonely Pavement /

夏服のジュリエット~Dos Humbres~ /

Unshakable / 雨に願いを / 銀星倶楽部~

I’m In Mood For Dancing~ /

あの夏のシーガール~Cherish~ /

I’m Gonna Knock On Your Door / 贅沢な孤独 /

月夜の真珠貝

 -ボーナス・トラック- いちばん哀しい薔薇

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

3アルバムと1ミニ・アルバムを発表した後の

Wink作品として1つ目のターニングポイント

なる4thアルバム。

 

 

多くのカバー楽曲で構成してきたアルバムから

オリジナル楽曲に比重を寄せた作品となっています。

 

 

ジャケットもこれまでのイメージではなく、

ファンタジーな世界をアートワークに投影しています。

 

 

カバー曲はイギリスのポップス・グループ

The Nolans大ヒットチューン「銀星倶楽部/

原題I’m In the Mood for Dancing」(1980年)、

同アーティスから「Sexy Music」(1981年)、

Kool & the Gang「あの夏のシーガール 原題Cherish」(1984年)など。

 

 

ボーナストラックにシングル「Sexy Music」の

カップリング『いちばん哀しい薔薇』を収録。

 

“Crescent”
(1990年12月16日作品)

ニュー・ムーンに逢いましょう[Remix] /

悲しい枯葉~I Can’t Denny A Broken Heart~ /

冬の蜃気楼 / 悪い夢~I Was Made For Loving You~ /

真冬の薔薇 / 雨に消えた初恋~The Rain, The Park And Other Things~ /

Miracle Knight / All Night Long /

夜にはぐれて~Where Were You Last Night~[Remix] /

Variation~さよならの変奏曲~

-ボーナス・トラック- 水の星座~Let An Angel~ /

想い出までそばにいて~Welcome To The Edge~

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:YouTube

 

5thアルバムは”冬”をテーマに

ノスタルジックな世界を演出しています。

 

 

カバー曲は5曲収録しています。

 

 

なんと!鈴木早智子がソロ・ボーカルを

担ったのはロック・バンドKISSの

「悪い夢 ~I Was Made For Loving You~」

鈴木早智子の個性が開花した1曲と言われています。

 

 

相田翔子ソロ「真冬の薔薇」は

海外作家陣によりデモを完成させた

冬を彷彿させる1曲。

 

 

その他、The Cowsills「雨に消えた初恋/

The Rain, The Park and Other Things」

(1967年)のカバーもWinkとして心に残る曲。

 

 

ボーナストラックにシングル

「ニュー・ムーンに逢いましょう」の

カップリング『水の星座 ~Let An Angel~』、

シングル「夜にはぐれて」のカップリング

『想い出までそばにいて~Welcome To The Edge~』

が収録されています。

“Queen of Love”
(1991年7月10日作品)

真夏のトレモロ[Album Version] /

想い出にGood-Luck / Mysterious~真夏の夜の夢~ /

一年前の恋人 / Fun Fun Fun /

泡になる~Endless Summer / シエスタ /

きっと熱いくちびる~リメイン~ /

夜の月、昼の月 / Mighty Mighty Love 

-ボーナス・トラック- Shake it /

奇跡のモニュメント

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

6thアルバムは”夏”をテーマにしています。

 

なんと、1 stアルバム”Moonlight Serenade”と

テーマは同じ夏でありながら、

(1stはセンチメンタルな夏)

ジャケットのビジュアルと収録タイトル「シエスタ」、

「Mysterious」など西洋の高貴な大人っぽい

イメージを持たせた作品。

 

 

カバー曲はThe Beach Boys「Fun Fun Fun」(1964年)、

Bette Midler「 夜の月、昼の月/原題Night And Day」(1991年)

など収録。

 

 

ボーナストラックにシングル「真夏のトレモロ

」のカップリング『Shake it』、シングル

「きっと熱いくちびる」のカップリング

『奇跡のモニュメント』を収録。

 

“Sapphire”
(1991年11月25日作品)

あの夜へ帰りたい~Step Back In Time~ /

BIG GAME / 闇夜の逃亡者~All Night Long~ /

聖なる夜に帰れない / 世紀末も平気

~Do You Wanna Dance~ / ほんの小さな勇気 /

Get My Love / 12月の織姫 / Tears / 背徳のシナリオ

 

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:KKBox

 

7thアルバムのテーマはファンキー&ゴージャス。

1曲目「あの夜へ帰りたい」(Kylie MinogueのS

tep Back In Time 1990年カバー)ではこれまでの

ユーロビート・サウンドからは遠ざかり、

際立つギター・カッティングのファンク・ナンバー。

 

 

他曲もソウル系のアレンジなどアーバンで情熱的な作品。

 

 

それぞれソロ・ボーカルを担当した

「聖なる夜に帰れない/鈴木早智子」、

「Tears/相田翔子」では、作詞、作曲も担当しています。

 

“Each side of screen”
(1992年4月25日作品)

Frou-Frou / ピアスの真相~We Can Make It~ /

摩天楼ミュージアム / 白 夜 / Like A Bird /

未来まで待てない / 霧の楽園~THAT’S THE WAY(I Like It)~ /

恋愛ギャンブラー / 追憶のヒロイン /

ただ夏に恋をした 

-ボーナス・トラック- スカーレットの約束 /

イマージュな関係

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

鈴木早智子ソロ作品「Mode」の翌月に

発表した8thアルバム。

 

 

本アルバム・リリース翌月には

相田翔子ソロ作品「Delphinium」を発表。

 

 

それぞれのソロ作品と同時進行で制作を経

た2人のボーカルはタフネスで妖艶。

 

 

10曲中、7曲の歌詞と編曲をそれぞれ

及川眠子、門倉聡が担当したWinkサウンドも健在。

 

 

KC & The Sunshine Band「 霧の楽園-That’s The Way」

ディスコ・チューンをクールにアレンジ・カバー。

他、オープニング「Frou-Frou」はStories の

全米No.1曲「Brother Louie」(1973年)カバー

にも注目。(オリジナルはHOT CHOCOLATE)

 

 

ボーナストラックにシングル「摩天楼ミュージアム」

のカップリング『スカーレットの約束』、

シングル「追憶のヒロイン」のカップリング

『イマージュな関係』を収録。

 

“Nocturne ~夜想曲~”
(1992年11月26日作品)

リアルな夢の条件 / あなたに秘密な夜 /

冬幻想 / Celebration / 刹那ヴァージョン /

Only One / 無実のオブジェ / ロマンスの方舟 /

ふりむかないで / 時計をとめて

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

ジャケットのビジュアルが印象的な

ミステリアスで幻想的な世界を醸し出す、9thアルバム。

 

 

オープニング曲「リアルな夢の条件」は

ハードなサウンドにロマンティックを感じさせ、

デビューから変貌を遂げた2人を象徴づけた曲に

なっています。

 

 

他、ミディアム・バラード「冬幻想」、

カバー曲「Celebration」原曲Vanessa Williams /

Save The Best For Last(1991年)では正統派

バラードを披露。

 

 

フュージョンとポップスをクロスオーバーさせた

「あなたに秘密な夜」、「刹那ヴァージョン」など、

オーセンティックな世界を演出しています。

 

他、初となる邦楽カバー「ふりむかないで/ピーナッツ」(1962年)、

「時計をとめて/ジャックス」(1968年)も注目。

 

Αφροδιτη ~アプロデーテ~”
(1993年6月25日作品)

結婚しようね / 夏に会えなくて /

fishselfish / SAVE MY LIFE /

私みたいにいいかげんな彼氏 /

月と太陽 / 永遠のレディードール~

Voyage Voyage~ / 幻が叫んでる /

I Wanna Leave You / おしえて

 -ボーナス・トラック- Alone Again

~Nothing Means More To Me That You~

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:駿河屋

 

デビュー5周年に発表した

10枚目のオリジナル・アルバム。

 

 

本作は作家陣との初組み合わせが

大半を占めレゲエ系サウンド(夏に会えなくて)、

リズム・トラックをループ

させるなど(SAVE MY LIFE)、

幅広いサウンドとバラエティに

富んだ作品となっています。

 

 

アレンジャーに初となる

ムーンライダース白井良明を迎えた

ことも特筆すべき点。

 

 

更に同バンドから、かしぶち哲郎が

作曲及びアレンジャーとして参加(月と太陽)。

 

 

他、「I Wanna Leave You」の作詞を

鈴木早智子、アルバムの最後を飾る

「おしえて」は相田翔子が作詞・作曲を担当。

しっとりとしたバラードの曲想にのせて、

切ない恋心を歌い上げています。

 

 

ボーナストラックにシングル

「永遠のレディードール」のカップリング

『Alone Again ~Nothing Means More To Me That You~』

を収録。

“BRUNCH”
(1993年11月26日作品)

MOVIN’ ON / Made in Love / 涙を責めないで

/ 誰も知らない / 三日月の夜の小鳥たち /

追いつめたい / 咲き誇れ愛しさよ /

あなたへの想い / 愛を込めて / ドロップ

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

Winkの新境地を開拓したシングル

「咲き誇れ愛しさよ」(作詞大黒摩季 作曲 織田哲郎)を

収録した11thアルバム。

 

 

1曲目にBananaramaヒット・ソング「MOVIN’ ON」(1988年)を

極上のポップ・アレンジでカバー。

 

 

印象的なチェンバロでブリット・ポップにア

レンジした「Made in Love」(編曲 門倉聡)、

Sheena EastonやQuincy Jonesなど手掛けた

Ian Princeをアレンジャーに迎えた

「涙を責めないで」「誰も知らない」など、

前作からの流れを汲んだポップ・アルバムと

なっています。

 

 

他、「三日月の夜の小鳥たち」原題

Foreigner「I Want To Know What Love Is」

などをカバー収録。

 

 

「愛を込めて」は相田翔子による作詞・作曲。

 

“overture!”
(1994年7月1日作品)

 

ケ・セラ・セラヴィ / 昔みたい /

You’re my rainy day /

トゥインクル トゥインクル[60’s Version] /

いつまでも好きでいたくて / 思い出の味方 /

兵士の休日 / Tasty[Acoustic Version] / days /

トゥインクル トゥインクル[Original Version]

 -ボーナス・トラック- Tasty / 愛を奪って 心縛って

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

“Wink meets the 60’s”をテーマに

制作した12thアルバム。

 

 

懐かしいけれど新しい、Winkの方向性を見いだし

60年代のサウンドがモチーフとなった作品。

 

これまでの打ち込みサウンドとは違う

バンド・サウンドでマージー・ビート、フ

ォークソングなど60’sサウンドにトライ。

 

 

シングル「トゥインクル トゥインクル」でも

オリジナル・ヴァージョンに加え

60’s ヴァージョンを収録。

 

 

作詞に秋元康(4曲)、作曲には杉真理、

財津和夫など多彩な作家陣を迎えた。

 

 

本作、初となる全曲書き下ろしで

構成したアルバム。

 

 

ボーナストラックにシングル

「トゥインクル トゥインクル」のカップリング

『Tasty』、シングル「いつまでも好きでいたくて」

のカップリング『愛を奪って 心縛って』

を収録。

 

“voce”
(1994年12月1日作品)

それはKissで始まった / Honey bee /

シェリー モン シェリ / それでもいいの

/ あなたがドアを開ける夜

/ PLEASE PLEASE ME /

Sunny Day / 裸足のマリオネット

/ 永遠に… / 特別な一日

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

前作「overture!」の流れを汲み、

“Wink meets the 70’s”をテーマに

制作した13thアルバム。

 

 

’60sサウンドから日本のフォークを

テーマにした前作から、続編とも

いえる’60~’70sのサウンドを追求。

 

 

本作も全て書き下ろし曲で

アルバムを構成しています。

 

「裸足のマリオネット」は、

相田翔子の作品です。

これから相田翔子の向かう先が

ボサノヴァだと思わせるようものになっています。

 

作家陣には前作同様、秋元康、

杉 真理、財津和夫に加え、

新たに朝本浩文、上田知華

(共に作曲)を迎えています。

 

 

マージー・ビート

「それはKissで始まった/ PLEASE PLEASE ME」、

リヴァプール・サウンド「Sunny Day」、

A&Mサウンド「あなたがドアを開ける夜」

など、

オリジナル楽曲にして多数のカバー・

アレンジ経てきた集大成ともいえる作品。

 

“Flyin’ High”
(1995年7月5日作品)

Heavenが待ってる / あってる

/ JIVE INTO THE NIGHT 野蛮な夜に[HOUSE MIX] /

AIN’T NOBODY 永遠の恋人 /

MY TURN 悲しみよりもしたたかに /

私の夏が始まる / 海に輝いて /

恋の受難にようこそ /

これが恋と呼べなくても / 私たちらしいルール/

JIVE INTO THE NIGHT 野蛮な夜に[HYPER EURO MIX]

 -ボーナス・トラック- Angel Love Story~秋色の天使~/

 Angel Love Story~秋色の天使~[Trance Mix]

 

WinkがNHKで復活!相田翔子と鈴木早智子

出典:ポリスター

 

モチーフは”ユーロ、再び”の14thアルバム。

 

 

14枚目にして原点回帰となった本アルバムに、

及川眠子(作詞)、船山基紀(編曲)などの

作家陣も復帰しています。

 

 

日本で流行した80年代ユーロビートの

全盛期にWinkがデビューし、J-EURO、

後のJ-POPの原型ともいえるシーンを

駆け抜けました。

 

 

90年代にハイパー・ユーロビートとして再燃。

そこに留まらずR&B、ジャズ、ラテン系

アレンジ(Heavenが待ってる/あってる/

MY TURN)、更にシティポップを感じさせる

(私の夏が始まる/海に輝いて)、

ポップ・ミュージックとなっています。

 

 

この作品を最後に活動休止に入ります。

ボーナストラックにシングル「Angel Love Story ~秋色の天使~」と

そのカップリング「Angel Love Story ~秋色の天使~

[Trance Mix]」を収録。

Pocket

スポンサーリンク