Pocket

お盆が近くなると、きゅうりの検索数が

増えてきます。また、ナスやきゅうりに

割りばしを刺し、動物に見立てた飾りを

見かけます。どこかで見かけたことは

ありませんか?あれは精霊馬

(しょうりょううま)といいます。

それぞれに意味があります。精霊馬

って何でしょう?どんな意味がある

のでしょうか?

精霊馬の意味はなに?

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由?精霊馬とは?

出典:いろんな

 

精霊馬とは何でしょう?

精霊馬とは、きゅうりとナスを用いて作る

馬や牛型の人形のことで、

お盆飾りのひとつです。

 

 

地方によりますが、お盆の期間中に

故人の霊魂がこの世とあの世を

行き来するための乗り物として、

きゅうりやナスで作る動物

用意することがあります。

 

 

それがきゅうりとナスがお盆に必要な理由

です。

精霊馬の意味

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

出典:nomikui

 

 

精霊馬はお盆のお供え物の

ひとつで、精霊棚や仏壇まわりに

飾ります。

 

 

お盆飾りといううこともあって、

最近はご先祖様の生前の好みに

合わせて精霊馬を作る人もいる

みたいです。

 

きゅうりやナスに割りばしや爪楊枝などを

利用して、それぞれの野菜に足を刺して

作ります

 

それぞれの動物は、祖霊の乗る

乗り物に見立てられています。

 

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

 

きゅうりは足の速い馬に見立てられ、

あの世から早く家に戻ってくるように、

 

 

ナスは歩みの遅い牛に見立てられ、

この世からあの世に帰るのが少しでも

遅くなように、

 

 

また、供物を牛に乗せてあの世へ

持ち帰ってもらうとの願いが

それぞれ込められています。

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

 

ゆっくり丁寧にお迎えしたいから

迎え盆に牛を作り、急いで帰って

もらうために送り盆に馬を作るなど、

地域ごとに作る順番もさまざまです。

 

 

また、旧暦の4月から6月は、前年の

収穫の備蓄も底をつき、飢えを

しのんでいた時期だともいわれています。

 

 

お盆のお供えに用いる収穫物は、飢えの

季節の終わりをお祝いする、大切な儀式

でもあります。

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬って何?

 

 

亡くなった人に対する、感謝や豊かな

感情があらわれている、精霊馬の姿にも、

豊かな実りへの感謝があらわれている

ようです。

精霊馬の作り方

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

出典:lovegreen

 

精霊馬の作り方を紹介します。

材料

  • きゅうり  1本
  • ナス 1本
  • 割りばし  2膳
    (つまようじ 8本)

作り方

  1. 馬、牛の足となる割りばしを
    バランスを考えて長さを整えるように
    カットします
  2. きゅうり、ナスのヘタ側を頭部に
    見立て、割りばし(つまようじ)を
    前方2本ずつ、後方にも2本ずつと
    倒れないように刺します

精霊馬の飾り方

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

 

ご先祖様をお迎えに行き

家まで連れていく役目の

きゅうりは迎え火の時は

内向きに、

送り火の時には外向きに

飾ります。

 

 

ご先祖様をお送りするナスは

外向きに飾りましょう。

 

最近は本物にソックリな蝋(ろう)や

プラスティックで、できた

代替品も登場しています。
               
けれども、古くからあるお盆の

風習に、家族の思いを込めて

ご先祖様への素敵な乗り物の

プレゼントとして楽しく

精霊馬を作ってみてください。

精霊馬の処分の方法

送り盆の日のうちに処分します。

 

白い紙に塩と一緒に包んで

ゴミとして処理しますが、

 

 

「ご先祖様を乗せて下さって

ありがとうございました」という

感謝の心を添えるのを忘れずに。

 

 

何気なく過ごしてきたお盆の行事ですが、

先祖代々からの願いが込められて

いるんですね。

お盆にはご先祖様を心から

おもてなししましょう!

楽しい精霊馬のご紹介

 

きゅうりとナスがお盆に必要な理由は?精霊馬ってなに?

出典:いまトピ

Pocket

スポンサーリンク