Pocket

明治の後半から第二次世界大戦直後の大阪を舞台に、吉本興業の創設者である吉本せいがモデルのドラマ。ヒロインの吉本せいの父親役を遠藤憲一が演じます。今や、コメディもシリアスなものも何でもこなす遠藤憲一と笑いを振りまく幼少時代の吉本せいの親子の関わりが楽しみです。

「わろてんか」吉本せいの父親・藤岡儀兵衛はどんな人?

藤岡儀兵衛は、藤岡てん(吉本せい)の父親京都の老舗薬問屋「藤岡屋」の主人堅物で、仏頂面で、真面目な人で、笑い上戸の藤岡てんに取引を邪魔されたことで「笑い禁止令」を出すことになります。

儀兵衛が番頭のときの仕事ぶりをせいの祖母ハツに見込まれて、入り婿に入りました。本当は、家族思いの優しい人。

藤岡儀兵衛のモデルは、林正の父親・林豊次郎

藤岡儀兵衛のモデルになった、林豊次郎は文久元年(1861)12月10日に兵庫県明石郡戎町で生まれ、林ちよと結婚した後に、子宝にも恵まれ明治32年に明石から大阪の西成に移りました。

妻、千代との間の子どもは12人、林せいは3番目で明治22年に生まれ、林せいが生まれて10年後に大阪に移っています。

藤岡儀兵衛が営んでいたのは米穀商

大きな取引先もありましたが、子供が12人もおりましたので生活は決して裕福ではない上、女性に教育は必要ないという考えを持っていたので、林せいは義務教育の成績は優秀でしたが船場に奉公に出されました

子どもが多かったのですが、3女のせいを溺愛しており、本当は、せいを奉公に出さず、家業を手伝わせようと思っていたものの妻・千代に反対して奉公に出すことになったのです。

吉本せいの後を継いで吉本興業の社長になった弟、林正之助も林豊次郎は家業を手伝わせたかったが、林正之助は自分の希望で奉公にでました。

せいが、吉本吉兵衛と結婚して、娘は寄席の資金繰りに走り回のに平気で遊んでいる吉本吉兵衛のことを「先の見込みがなければ別れてしまえ」とはっぱをかけたり、せいが弱気になっている時には「嫁ぎ先から戻るときは骨になって戻れ」と叱責してくれる愛情深いお父さんでした。

吉本せいの父親・藤岡儀兵衛演じる遠藤憲一は?

今やドラマのお父さん役でも、よく顔を見かける遠藤憲一。

その遠藤憲一も20代の頃に「朝ドラ」のオーディションを受けたことがあるとのこと。けれども、その時に「朝ドラの顔じゃない」と落とされしまったのだそうです。

以来、遠藤憲一の心の中にはその言葉が残っていて、「てっぱん」という朝ドラで父親役をもらった時もその言葉が残っていて、柔らかく演じる苦労をしながらドラマの撮影を終えられたのだそうです。

わろてんか、藤岡儀兵衛役遠藤憲一

出典:アサヒオンライン

「芸能人は顔が命」といいますが、これは必ずしもきれいな顔でないといけないという意味ではないとは思いますが、審査員も言いたいことを言うものなのですね。

その言葉があったから、、その時は柔らかく演じようとして撮影は無事に終わったのかもしれませんが、何十年も心に深く刺さっている大きな太いトゲだったのなぁと思います。

それから7年たった今、再びやってきた朝ドラのお父さん役

良かったなぁと思います。けれどもそのお父さんは台本には「鬼のようなぎょろ目」と表現されているのだそうです。

関連記事
朝ドラ「わろてんか」葵わかな演じる吉本せいはどんな人?
わろてんかの子役の女の子は誰?てんの幼少期を演じる子が可愛い!

Pocket

スポンサーリンク