Pocket

朝のコーヒーは目覚めを良くしたり、リラックスしたいときにコーヒーを飲みたい方もおられるでしょう。コーヒーにはポリフェノールが含まれるとも言われ、コーヒーを飲む人の数は増えています。コーヒー豆の輸入量も1960年から約40倍に伸びています。コンビニコーヒーを始め、おしゃれなカフェもたくさんありますし、コーヒーは大変身近な存在になっています。

コーヒーは飲みすぎると病気になる?

コーヒーは体にいいの?

コーヒーに含まれている主な成分は、カフェインとクロロゲン酸というポリフェノールです。

カフェインには、いろいろな薬理作用があるので毒にもなれば薬にもなってしまうのです。

脳を興奮させるだけでなく、いろいろな作用があるので、これをいつどうやって引き出すかということが大切です。

例えば、ミネラルの吸収を阻害する働きがあるので貧血になったり骨粗しょう症になったり、カフェインのもつ耐性によりカフェイン中毒になることもあるのです。

コーヒーに発がん性があるの?

コーヒーには確かに、発がん性物質・アクリルアミドが含まれています。

アクリルアミドというのは、炭水化物を多く含む食材を高温(120度以上)で加熱すると作られる可能性があり、スナック菓子やクッキーにも含まれているものです。

コーヒーやカフェインについて30年以上研究されてきた栗原 久先生によると、1回にコーヒーを100杯(15l)を何十年も飲み続けたときに癌になるリスクが少し上がるというくらいと話されています。

世界的にも、次のように言われています。

IARC(国際がん研究機関)→アクリルアミドを人が口に入れた場合の影響は確認されていない

WHO(世界保健機構)→アクリルアミドとがんとの関連性について決定的な証拠はない

コーヒーは身体に良いの?

コーヒーは正しい飲み方をすれば、健康に良い飲み物です。

国立がん研究センターの研究結果 脳腫瘍の発症

コーヒーを飲まない人に比べて

1日3杯以上飲む人は脳腫瘍を発症するリスクが低い

国立がん研究センターの研究結果 肝臓がんの発症率

コーヒーを飲まない人に比べて

週に1~2回コーヒーを飲む人  25%リスク低い

毎日コーヒーを飲む人     50%リスク低い

国立国際医療研究センターの研究結果 血糖値の上昇

コーヒーを飲まない人に比べて 週に1~2回コーヒーを飲む人は血糖値が低い

血糖値の上昇を抑えるのは、カフェインには脳の活性化と代謝を高める作用があるのでその分、ブドウ糖をたくさん使うために血糖値の低下につながります。

代謝を高めるということは、古くなった細胞をどんどん新しく変えていくということ→体の機能を高めることにつながっています。

ホットとアイスはどちらがいい?

ホットコーヒー 香りが強い→リラックス効果大

胃腸や血管にも優しい

アイスコーヒー 香りが弱い→リラックス効果小

胃腸を痛め、血管収縮の心配(一般的に冷たいものの持つ性質)

60度~80度くらいの温度のコーヒーが一番身体には優しい。ただ、このように書かれていても胃の中に入ればすぐ温まるのでそれほどの問題はないようです。

ブラックコーヒーは体に悪いのか?

ブラックコーヒーはどちらかというとそのままの刺激があるので、強いという感じがするけれども実際にはそれほど変わらない。ただし、ミルクを入れることによって胃の表面にたんぱく質の膜ができるので胃に対する刺激はたちまち少なくなります。

コーヒーを飲むと運動神経がよくなる?

瞬発力:大相撲陸奥部屋では、立ち合いが相手より0.02秒早くなるので、朝稽古前にコーヒーを飲む→相手が動いたとわかるのに普通は0.1秒かかる。そこが0.02秒というと実際の距離にすると10㎝早く動くことができる→目から入った情報を前頭前野で処理をするが、処理時間が速くなって足や手の筋肉に命令をだす全体の時間が短くなる。

持久力:1500m走をしたところ、コーヒーを飲むことによって3秒速くなった→3秒とは20m→20mの差がつく

運動前にコーヒーを飲みましょう。

コーヒーは認知症予防になるのか?

認知症は、脳が考えることが大切。ーヒーは前頭前野を刺激するので、コーヒーを飲んでいる人の方が認知症のリスクは少ないと言われています。

どのコーヒーをいつ飲めばいいのか?

コーヒーを飲む時間

東京福祉大学・大学院元教授 栗原 久医学博士がお勧めするコーヒーの飲み方

カフェイン入りのコーヒー  →仕事やデート前に

  • 目が覚める
  • パワフルになる
  • 集中力が増す

午前8時    朝食後にブラックコーヒーを飲んで目を覚ます

昼12時30分 昼食後にブラックコーヒーを飲んでヤル気を出す

午後3時   ミルク入りカフェラテを飲んで疲れた脳を癒す

※コーヒーは空腹時に飲むと、胃液の分泌を高めてしまう→胃に優しくない→食後がお勧め

カフェイン無しコーヒー   →夜の睡眠前に

  • リラックスできる
  • 眠りやすくなる
  • 息抜きできる

やってはいけないコーヒーの飲み方

酒を飲んだ後にコーヒーを飲むと、急性アルコール中毒になる

適量のアルコールを食前酒としてのみ、食後にコーヒーを飲むことは大丈夫なのですが、最近問題になっているのが酎ハイのエナジードリンクで割りを一気飲みするようなことです。

カフェインには、脳を興奮させ、アルコールは下げるという作用があるのでアルコールの効果が弱いのでたくさん飲んでしまうことになります。アルコールはいつまでたっても身体に残りますが、カフェインは3時間で半分づつになっていき、アルコールの作用だけが出てきて急性アルコール中毒のリスクが上がってしまうのです。

正しい飲み方で、コーヒーを楽しみながら健康に過ごしていきたいですね。
関連記事
缶コーヒーで気持ち悪くなる… 危険性は?ブラックでもアウトなの?

Pocket

スポンサーリンク