Pocket

足が臭いのか、靴が臭いのか座敷に上がったときの足が臭う、玄関にある靴が臭い、、靴の臭いが取れないときはどうしたらいいでしょう。靴の臭いにも効くと言われる万能の重曹が効かないことがあるというのはホントなのでしょうか?

靴の臭いが取れない時の洗い方とは?

靴の臭い

靴の臭いは、足の臭いでもあります。靴の中で足が汗をかき、その汗を食べたばい菌が繁殖して嫌な臭いになってしまいます。

嫌な臭いがし始めた靴をそのままにしておくと、臭いがとれなくなったり、その臭いが靴下に移ってしまい、部屋に上がると「くさーい」と言われてしまうことになってしまいます。

靴が臭くなる原因は、靴の中が蒸れてしまうことです。

靴の中が蒸れることで、足の臭いがきつくなるので、靴を乾燥させることが1番だと言われています。

晴れた日には、スニーカーや運動靴は天日干しをしましょう。

靴の臭いに靴丸洗い

湿り気もなくなり紫外線により菌が死滅します。ただし、革製品は紫外線に当たって変色したり痛むことがあるので、陰干しにします。布の場合は気にしなくて大丈夫です。

靴の丸洗い

洗うことができる靴なら靴を洗うと効果的です。

臭いの原因の細菌を洗い流すことも、洗剤で死滅させることもできるからです。

合皮や布など、水洗いできる靴の丸洗い

バケツで洗っても良し、洗濯機にネットに靴を入れて洗っても良しです。

スニーカーは水で洗うときには、ひもは外しておきましょう。

以下、洗濯機での靴の洗い方

  1. 洗剤の量は基準より多めにする。
  2. 水位を「高」にして、水の中で靴が泳ぐような感じにすると、摩擦による洗濯機の傷付きが少なくなります。
  3. 脱水が終わるまで洗濯機にお任せです。

洗濯が終わったら、通気性を良くして陰干しします。
               

脱水が足りなくて靴の中に水が溜まっている場合は、脱水のみやり直します。うまく脱水できないときには、乾いた古いタオルや新聞紙を丸めて靴に入れて水分を取ります。

干すときには、100均で売っているような靴用のハンガーを利用すると干しやすいです。

靴が乾いたら、ひもを通します。

水で丸洗いしてもまだ靴が臭かった時

合皮や布の場合で丸洗いしても靴が臭い場合は、40度のお湯に粉末の酵素系漂白剤をつけて1時間程度してからすすぎましょう。その後、タオルでよくふき取ってから風通しの良い場所で形を整えてから乾かします。

丸洗いして乾かした後、または天日干しした後、ミョウバン水を吹いておくと臭いが発生しにくくなりますよ。

重曹は効かないってホント?

場合によっては、ホントです。

重曹には効く臭いと効かない臭いがあるのです。

重曹について

重曹は、炭酸水素ナトリウムNaHCo3(重炭酸曹達)。略して「重曹」と呼ばれています。

汚れの多くが「酸性」なので、重曹の「弱アルカリ性」が反応して汚れが中和されて水に溶けるようになり、汚れが落ちやすくなります。
               

また、重曹は吸湿性が高いので水分を吸い取ります。その時に、水分だけでなく、臭いも吸収してくれます。

冷蔵庫の臭い取りに重曹を使いますが、靴の臭いにも使えるのです。

私は、履かなくなった靴下に重曹を入れてシューキーパー代わりに使っています。重曹靴下が、なんとなく重くなったら、天日干しをすればまた使えます。3か月くらい経ったら新しい重曹と入れ替えましょう。

重曹が効かない臭い

重曹が靴の臭いに効かないことがあるというのはホントです。

むわっとした臭いや酸っぱい臭いの素は、主に酢酸とイソ吉草酸と呼ばれる酸性の臭いなので、弱アルカリ性の重曹が酸性の臭いを中和して消臭効果を発揮するのです。

ところが、臭いの原因は酸性のものだけではないので、重曹が効かない場合もあるのです。

重曹と同じ「アルカリ性」の臭いは重曹では取れません

アルカリ性の臭いとは、内臓機能の低下や疲労、アルコールの過剰摂取や更年期障害等の時に発生しやすいと言われています。

「アルカリ性」の臭いを消すには、ミョウバンやクエン酸など「酸性」のものを利用します。
ミョウバンを水に溶かすと、ニオイの元になるアンモニアのアルカリ性を中和して、消臭効果や制菌効果が現れると言われています。
               

ミョウバンは汗止めスプレーにも使われていますが、ミョウバンの作用によって汗を抑えることができるとされています。

ミョウバン水を作ろう!

準備

  • 水 150cc
  • 焼きミョウバン 5g
  • ペットボトル
  • スプレー容器

※焼きミョウバンは、スーパーの食品売り場や薬局で簡単に手に入れることができます

ミョウバン水の作り方
  1. 用意したペットボトルに150ccの水・焼きミョウバンを加えてかき混ぜる。
  2. 6時間放置する。
  3. 溶けて、無色透明になったら出来上がり。

使うときはスプレー容器にこの原液を10倍程度に薄めて入れて使います。

ミョウバン水の使い方

  • 靴を丸洗いして乾かした後、天日干しをした後にミョウバン水をスプレーする。
  • 靴(靴下)を履く前に、自分の足にスプレーする。
  • 靴を脱いだら靴にスプレーする。

これで、靴を脱ぐ機会があっても恥ずかしい思いをしなくてよくなることと思います。身体から、アルカリ性の臭いを発生させないように健康管理も気を付けて、ストレスをためない生活も大切ですね!

Pocket

スポンサーリンク