Pocket

2018年は初日の出を見たらスーパームーンを次の日の1月2日に見ることができます。しかも、2018年で最大のスーパームーンなのでぜひ空を見上げてみましょう。

2018年最大のスーパームーンが1月に見れる!

1月2日の日の出前、西の空に目を向けると、天気が良ければ「ほぼ」満月の大きな月が、沈んでいく様子を見て、しばらく経つと、日の出を迎えます。

満月の時の月は、地球をはさんで太陽とは反対の方向にあることを、実感できるそうです。

スーパームーン2018

初日の出を見て、スーパームーンも見ることができたら、今年はとってもいいことがありそうな気がしますね!

2018年1月2日の各地の月の入り、日の出、月の出の時間

都市   月の入り  日の出   月の出
札幌  6時 2分  7時 6分  16時34分
仙台  6時31分   6時53分    16時49分
東京  6時30分   6時51分  17時00分
京都  6時45分    7時 5分  17時18分
福岡  7時 4分  7時23分   1 7時44分
那覇  7時00分   7時17分    18時10分

出典:国立天文台

「スーパームーン」とは、科学的な定義のない言葉ですが、月が地球に最も接近する満月、もしくは新月の状態で通常の月よりも大きく、明るく見える状態をいいます。

月が地球の周りをまわる軌道が楕円であるために、月と地球の距離が約36万kmから40万kmの間で変化するので、最接近のタイミングと満月となるタイミングが近いと、月が大きく見えるのです。

2018年1月2日の場合、6時49分ごろに月が地球に約35.7万kmまで最接近し、その約3時間半後の11時24分ごろにちょうど満月となります。

「1日の宵から2日明け方」にかけての満月がスーパームーンの状態となるのです。1月2日のスーパームーンは、湿度が低く空気中の水蒸気量が少ないので、よりクリアに見ることが出来ます。

スーパームーンは、満月の瞬間が12時間以内の場合、その前後に見える満月と考えようとされているので、1月2日に昇ってくる月もスーパームーンとなっています。昇ってくる月の方が見やすいかもしれませんね。

日が暮れかけてきたら、東の空を見てくださいね。

 

科学者を気取って、天体望遠鏡をのぞいてみたら
餅つきをしているウサギが見えるかも…

Pocket

スポンサーリンク