Pocket

スーパームーンとは1979年に占星術師のリチャード・ノールがいつもよりも大きく光り輝く月が見られる現象をスーパームーンと名付けました。スーパームーン2017はいつ見られるのか?福岡で見られる方角と時間、携帯で撮る方法は?

スーパームーン2017はいつ?

月は地球の周りを回っていますが、その軌道が楕円形であるために、同じ満月の時でも地球から 小さく見えたり、大きく見えたりするのです。

地球に最も近いところに月がやってきたときに、月と太陽と地球ん位置関係で満月または新月の配置になったときをスーパームーンといいます。

スーパームーン2017

いつもの満月に比べて、地球に近い場所に月があるため月は、地球からは大きく見えます

地球の最も近づいた時の満月は、離れた状態で小さく見える状態の満月よりも14%も大きく、明るさは30%もアップしているといいます。

福岡での方角と時間は?

スーパームーン2017は、正確には、12月4日に日付が変わったばかりの0時47分に満月になります。

月が上るのは、12月4日17時46分。

日が暮れて、月が上がってきたら、福岡の東の空を見上げましょう。西新から見たら天神や香椎の方です。香椎にいたら、新宮の方です。

大きな月が上っていますよ。

スーパームーン

私は、月が上るときが大きいと思っていました。空に高く昇っていくので、スーパームーンの日でも高く空に上がれば小さく見えるようになってしまうのだと思っていました。

12月4日には、日が暮れたときと、夜中に思い出したら外を見てみましょう。

寒い時なので、夜はなかなかベランダにも出たりしましませんが、南の空を見上げてみましょう。月は明るいので、忘年会シーズンで
明るい街の中を歩いていても電気の点いた家の中からでも、月は見やすいですね。

2017年の最後を飾る、輝く大きなスーパームーンを見上げましょう。

携帯での撮影方法も!

スマホをよりきれいに撮影するためには、ISOを高い数値にしましょう。

ISOを高くすると、きれいな明るさの写真が撮れるのです。

ISOを200くらいに設定すると、シャッタースピードが速くなるのでぶれやすくなります。ぶれないように、わきを閉めてしっかり、スマホを固定して撮影しましょう。

スマホで月を撮影してみると、月は遠くにあるんだなと感じるほど小さく映っています。

せっかくのスーパームーンをスーパームーンらしく撮影したいですね。

そのためには、月をより大きく撮るために、双眼鏡やオペラグラスを使います。

双眼鏡やオペラグラスをスマホのレンズの合わせて撮ると、画質はそのまま、きれいに、大きなスーパームーンを撮影することができますよ!

Pocket

スポンサーリンク