Pocket

節分にイワシはつきものです。節分にイワシを食べる理由は何なのでしょうか?節分の翌日は立春で、星まわりが変わるので、新しい年の始まりとされ、各地の寺院で「星まつり」が行われます。私の里は小さな村で、遠いところにあるので、節分と星まつりを立春の日に一緒に行います。そして、遠くから来た人には、「帰りに汽車の中で食べてね」とおにぎりと焼いたイワシの入った弁当を持たせています。これは広く西日本に残る習慣で、「節分いわし」といわれるものです。

節分にイワシを食べる理由は?

節分にイワシを食べるのは主に西日本の習慣のようです。

節分は、季節の始まりの前日です。主に、立春の前日を指していますが、季節の変わり目には邪気(鬼)が来ると考えられていて、この鬼を追い払うために悪霊払いの行事が行われます。

鰯を焼くと出る激しい煙と臭いで邪気を追い払おうというもの、そしてまた鰯は身体は小さいのにDHAやカルシウムなど栄養が豊富なので、新しい年を迎える節分の日に、鰯を食べることで健康や無病を願っていたのかもしれません。

鰯(いわし)は年取り肴(=大晦日の年取りに吉例として使われる魚)であること、この時期の鰯は産卵のため沿岸近くにやってきてよく獲れ、値段も安く脂がのっておいしいというのも、各地に広まった理由でしょう。

ヒイラギを使った玄関飾りの由来

鬼は、鰯(いわし)と柊(ひいらぎ)が大の苦手と言われています。

油がのった鰯を焼くと出る激しい煙とにおいに邪気は払われ、柊のギザギザした葉が鬼の目を刺してしまうという魔よけの意味があります。

そこで、鰯の頭を焼いてにおいを強くしたものを柊の枝に刺し、それを玄関先につけて、鬼が入ってこないようにする風習ができました。

これを「焼嗅(やいかがし)」「鰯柊(いわしひいらぎ)」「柊刺し(ひいらぎさし)」などといいます。

焼嗅(やいかがし)は平安時代には既に行われていました。

『土佐日記』に正月の門口(かどぐち:玄関)に飾った注連縄に、ヒイラギの枝とボラの頭を刺していたということが書かれています。

「小家の門のしりくめ繩のなよしの頭ひゝら木らいかに」

浮世絵にも焼嗅・鰯柊が描かれていて、江戸時代には、豆まきと一緒に庶民の生活に広まっていたようです。

焼嗅(やいかがし)を作ってみよう

出来上がった焼嗅(やいかがしを売っているところもありますが、簡単なのでおうちで作ってみましょう。

材料

  • 鰯の頭…1つ
  • 葉のついた柊の枝…20センチ程度を1本

作り方

  1. 鰯の頭をこんがりと焼く。
  2. 柊の枝に鰯の頭を刺す。
  3. 玄関先にとりつける

焼嗅(やいかがし)・柊鰯を飾る日

ヒイラギイワシ

出典:BASSEMAN NOTE

鬼がやってくるとされる季節の変わるとき節分の日、2月3日に飾り、鬼を豆まきでやっつけて、新しい年になった立春2月4日に外すのが一般的です。

はずした焼嗅(やいかがし)・柊鰯の処分

環境問題で、家庭や小さいところで燃やして廃棄することが禁止となってからは、神社、寺院でも破魔矢・注連飾り・お守りもそちらで購入したものしか受けてくれないところが増えました。

1年間使った箸や、旅先で購入したり、頂いたお守りなど、いつも近所の神社に持って行って供養をお願いしていましたが、どうしたらいいか伺ったところ、「白い紙に包んで、塩をかけて清め、感謝して捨ててください」と教えてくださいましたよ。

今年はぜひ、手作りの焼嗅(やいかがし)を作って、鬼退治をしましょう!

関連記事
節分で恵方巻きを食べる理由・由来は?仕掛け人は広島の◯◯!?
節分の全国各地の行事食はどんなものを食べる?地域性が面白い!
節分の豆撒きで余った福豆の使い方は?その活用方法が気になる!
節分2018年の日にちはいつ?その由来や豆まきの理由も気になる!

Pocket

スポンサーリンク