Pocket

巻きずしは、節分に食べると縁起がよいと、商品名を丸かぶり・恵方巻きとされてから、すっきり爆発的人気の食べ物になりました。今年の節分は2月3日です。恵方巻きは今年の恵方を向いて食べましょう。今年の恵方は南南東ですよ。恵方巻きを食べる理由や由来は?恵方巻きが、こんなに広まったその始まりはどんなことだったのでしょう?

恵方巻の由来は?

               

節分の日は、立春の前日にあたり、日本では立春を新しい年の初めとして、大切にしてきました。

立春がお正月なら、節分は大晦日にあたります。

1年の厄落としのために、大晦日である、節分に豆まきをして、新しい1年の無病息災を祈ります

大阪では、節分に巻き寿司を「巻き寿司」「丸かぶり寿司」と呼び、それをまるごと一本無言で食べるイベントが行われているときがありました

昭和初期には「幸運巻寿司」といって豪華な太巻きを丸かじりするように変わっていきました。

恵方巻の起源はいろいろあり、またどれが本当なのかわかりません。けれども、どれも恵方を向いて、切らずに丸かぶりすることが書いてあります。

  • 江戸時代の終わりごろ、大阪の商人たちの商売繁盛と厄払いを祈って、立春の前日の節分に「幸運巻寿司」の習慣が始まった。
  • 豊臣秀吉の家臣・堀尾吉春がたまたま節分の前日に海苔巻きのようなものを食べて出陣し、大勝利を収めた。
  • 大正時代の初期の花街で、節分の時期に漬けあがる新香巻を使った海苔巻きを恵方に向かって食べる風習があった。

               
1932年(昭和7年)大阪鮓商組合が「巻きずしと福の神 節分の日にまるかぶり」というチラシを作って大きく「幸運寿司」の宣伝を行ないました。

— 大阪鮓商組合 チラシ

巻寿司と福の神 節分の日に丸かぶりこの流行は古くから花柳界にもて囃されてゐました。

それが最近一般的に喧傳して年越には必ず豆を年齢の数だけ喰べるやうに巻寿司が喰べられてゐます。

これは節分の日に限るものでその年の惠方に向いて無言で壱本の巻寿司を丸かぶりすれば其年は幸運に恵まれると云ふ事であります。

宣傳せずとも誰云ふともなしに流行って来た事を考へると矢張り一概に迷信とも軽々しく看過すべきではない。

就ては本年の幸運をば是非平素御愛顧蒙る御得意様にも斯様な事も御承知能ひ永續の御繁榮を切に乞ふ譯であります。

一家揃ふて御試食を願ひ本年の幸運をとり逃さぬやうお勧め申します。

昭和七年節分二月四日 惠方西北(亥子ノ間)幸運巻寿司 一本金拾五銭 大阪鮓商組合

出典:Wikipedia

大正時代から昭和初期には、太巻きを恵方を向いて丸かぶりする、丸かぶり寿司が存在していたことがわかります。

土用丑の日にウナギを食べる習慣に対抗して、1949年(昭和24年)大阪鮓商組合が戦前に行われていた「節分の丸かぶり寿司」の復活を画策

1955年(昭和30年)「元祖たこ昌」代表取締役・山路昌彦が海苔販売の促進活動に「恵方巻」を考案

1973年(昭和48年)「幸運巻きずし」を寿司屋が共同で販促キャンペーンを行う。

2月は逃げるといって、商売では売り上げが落ちるときです。

コンビニエンスストアを中心としてスーパーマーケットの店頭で幸運巻きずしの販売促進イベントが行われていました。

コンビニではファミリーマートが先駆けだと言われています。

1983年(昭和62年)に大阪と兵庫県で販売が開始されました。

恵方巻の全国への普及はセブンイレブンのお陰、広島市のセブンイレブンが販売を開始したのがはじまりです。

広島で関西の風習が拡がったのはなぜ?

恵方巻の仕掛け人は広島の◯◯!?

大阪ではなく、広島のコンビニが「まるかぶり」を扱おうとしたのはなぜでしょう?

「事の始まりは1989年、広島県のセブン-イレブンより。――その当時、関西の風習としてあった「節分の日にその年の縁起のいい方角(恵方)を向いて無言で太巻き寿司をまるかぶりする」という情報にもとづいて恵方巻を一部の店舗で販売したのが始まりです。

「縁起のいい風習」としてお店で紹介しながら、翌年より販売エリアが広がり、95年には関西以西の地区に、そして98年には全国のセブン-イレブンで恵方巻を販売するようになりました。

こうして一部地域の食文化が全国へと広がり、今ではすっかり節分の定番のお寿司として定着しました。

ちなみに、巻き寿司というスタイルは「福を巻き込む」という願いからきており、切らずに食べるのは「縁を切らない」という理由があるそうです。

このようなことから、恵方巻きは別名を「まるかぶり寿司」ともいわれています。

恵方巻をまるかぶりして、ぜひ今年の福を巻き込みましょう!」

出典:セブンイレブン

現在、節分に恵方巻を食べるという関西の風習が日本中に広がりました。

巻きずしだけでなく、デザートも巻いた形のロールケーキもオムレットも節分時には一緒に並んでいます。
               
コンビニでは、ファミリーマートが、1983年(昭和62年)に大阪と兵庫県で恵方巻を販売しました。

そして、1989年に広島のセブンイレブンの一部の店舗が「まるかぶり寿司」を販売を始めたのです。

「まるかぶり寿司」は、現在セブン-イレブン・ジャパン本社・執行役員第2オペレーション部長である野田靜眞(のだ・しずま)さんが仕掛け人でした。

野田靜眞(のだ・しずま)さんは、西日本地区のセブン-イレブン店舗をすべて束ねる現場責任者です。

恵方巻を仕掛けたとき、20年前の1989年、野田靜眞(のだ・しずま)さんは29歳でOFC(オペレーション・フィールド・カウンセラー)でした。

OFCというのは、加盟店を巡回しながら、商品知識や品揃え、店舗運営全般に関する経営のアドバイスをする仕事です。

加盟店オーナーと一緒になって売り上げを伸ばして利益を上げるよう努力するのが仕事です。

「大阪には節分に恵方巻を食べる風習がある」と、知った野田さんは「仕掛けてみよう!」と思ったそうです。

お客さんとのコミュニケーションを大切にするフレンドリーサービスを強化しようとしていた時期で、「恵方巻」をきっかけに、お客さんとどんどん会話をしようと考え、野田さんは、商品本部には「切れてない太巻き」と説明して発注しました。

まだ「恵方巻」という商品名はない頃です。

店頭では「切れてない太巻き」を、「恵方巻という風習があるんですけど、ご存じですか? 今年の恵方は~」と声をかけて販売しました。
               
狙いは大当たり!加盟店オーナー達も大喜び!

野田さんの担当エリア拡大につれて恵方巻き販売圏が拡大翌年、ちょっとだけ偉くなって担当エリアが広がった野田さんは、そこでまた「恵方巻」を仕掛けることになります。

そしてまた成功!

やがて野田さんの出世とともに恵方巻の販売対象エリアはどんどん広がっていき、そして1996年には、九州、中国地方を含む関西以西でキャンペーンが展開されます。

1998年、ついに、全国のセブン-イレブンで販売することに。

そして、今や節分の日には、百貨店をはじめ、スーパー、コンビニでも巻きずしのコーナーは大きく拡大されているにもかかわらず、夕方にはすっかり売り切れてしまうということになりました。

仕掛け人の野田さんは、今では当たり前になっているコンビニの「おでん」や「おせち」の仕掛け人でもあったんです。

野田さんのアイデアのお陰で、わたしたちは、季節感あふれるイベントを楽しむことが出来ています。

豪華恵方巻

出典:kaburi2ki.com

まるかぶり寿司・・恵方巻で、季節を感じることができるし、家族の無病息災を家族で楽しく祈れるし、そしてその日は、恵方巻にすると決めたら、献立てを考えることを1日休むことができて得した!と感じるのは、わたしだけでしょうか?

関連記事
節分の全国各地の行事食はどんなものを食べる?地域性が面白い!
節分の豆撒きで余った福豆の使い方は?その活用方法が気になる!
節分2018年の日にちはいつ?その由来や豆まきの理由も気になる!
節分にイワシを食べる理由は?ヒイラギを使った玄関飾りの由来も!

Pocket

スポンサーリンク