Pocket

 秋篠宮ご夫妻の長女眞子さまと小室圭さんのご婚約が、宮内庁の山本信一郎長官から発表されました。天皇陛下は3日、午前、眞子さまのご結婚を認める「裁可」をされました。婚約者の小室圭さんは眞子様の国際基督教大学(ICU)時代の同級生で、約5年間の交際を重ねてこられました。

秋篠宮家の長女・眞子さま

眞子さまは平成3年10月23日に、両陛下の初孫として誕生され、現在は25歳。

眞子さまは皇族として初めてICUに進学し、卒業後はICUで学ばれた語学を生かして英国レスター大大学院に1年間留学して文学修士(博物館学)を取得されました。昨年から東大総合研究博物館特任研究員として勤務されています。ほかに、日本テニス協会名誉総裁、日本工芸会総裁の役職など、公務にも励まれています。

眞子さまの婚約者小室圭さん

小室圭さんは平成3年10月5日、小室敏勝さん(14年に死去)と佳代さんの長男として生まれました。横浜市内でお母さん、母方の祖父と3人暮らし。現在は、国際弁護士を目指して、東京都内の法律事務所に勤務しながら一橋大大学院・国際企業戦略研究科に通っておられます

眞子さまと、婚約者小室圭さん、プロポーズの言葉は?

眞子さまと婚約者の小室圭さんとは、同じ国際基督教大学(ICU)の同級生ですが、24年6月、都内で行われた留学生の意見交換会で小室さんと知り合い、約5年間、交際を重ねてこられました。

交際を開始して約1年後の2013年12月、都内で食事した後2人で歩いていた時に、小室圭さんが眞子さまにプロポーズされました。

「将来、結婚しましょう」

勇気のいることだったと思います。交際を始める時に眞子様もご自分は皇族であるということ、一般の人とはどう違うかははっきりとはわからないでも違うことを勇気を持って伝えられ、小室圭さんもいろいろと考えられたことでしょう。

眞子さまは最初、小室圭さんの太陽のような笑顔に惹かれたのだそうです。お付き合いを重ねていくにつれ、真面目で自分の考えと強い意志を持って努力し、物事に心広く対応される小室圭さんの姿に心惹かれているのだそうです。

眞子さまは月のように見守ってくれる

小室圭さんは眞子さまを、自分のことを静かに見守ってくれる月のようだと話してあります。夜空にきれいな月を見ると、眞子さまに電話をされるのだそうです。どんなふうに月の話をされるのでしょう。眞子さまの愛情深く、確たる信念をお持ちのところに惹かれているそうです。

デートは、東京都内や小室圭さんの自宅の近くのみなとみらい地区、神奈川県の葉山町、鎌倉市、埼玉県長瀞(ながとろ)町などで、楽しい時間を過ごされたのだそうです。

電車を利用されることが多かったが、周囲に気づかれることはほとんどなかったそうです。

                  

眞子さまは、英国レスター大大学院に1年間留学され、その間は日本と英国と距離は離れていましたが、愛の重さと距離は反比例していたようですね。お二人の関係が途切れることはありませんでした。

眞子さまと小室圭さんお二人の交際の歩みは、秋篠宮さまと紀子さまの自然体の交際ににていると言われています。

眞子さまと小室圭さんのご婚約の内定が発表され、これからは一般の結納にあたる「納采(のうさい)の儀」が行われた後来年には結婚式が執り行われる見通しです。

女性皇族「内親王」では、天皇、皇后両陛下の長女、黒田清子さん以来となります。久しぶりの明るいニュースでとても嬉しいです。心が躍ります。
おめでとうございます。
関連記事
眞子さまの結婚式場や皇室の儀式は?今後の公務の予定も気になる!
眞子さま、小室圭さん、婚約発表から結婚までの儀式
真子様婚約者・小室さんのご実家の両親・お父さんは?お母さんは?

Pocket

スポンサーリンク