Pocket

クラゲの魅力の虜になってしまった神奈川県に住む会社員・平山博文さんがマツコの知らない世界で、クラゲの魅力について語ります。透明で、ゆらゆら流れるように泳ぐ姿が、ストレス社会で生きる人に癒しになるとクラゲだけの水族館もできるほどクラゲはブームになっています。クラゲを自宅で飼うことができるってほんと?そんな話も聞くことができますよ。

平山博文ってどんな人?

神奈川県大和市南林間に住む会社員・平山博文さん。

藤沢市内の企業に勤め、普段はシステム開発などを行っている技術者です。

16年前にたまたま家族で出かけた「江ノ島水族館」でクラゲの展示を見た時に、「この不思議な生き物はなんだ」と興味を持ったことがきっかけでクラゲとの付き合いが始まりました。

その頃は、今のようにクラゲがメジャーでなかったために、クラゲに関する情報がほとんどなかったので、全国のクラゲ研究者たちの連絡先を調べ、自分の足で直接教えを乞うなどして知識を深めていき、1991年「ジェリーフィッシュ」jfishという、研究者や水族館関係者などのプロと全国のくらげ好きが集うコミュニティーサイトを発足させるまでになりました。

平山博文さんが出版した本は?

「くらげる クラゲLOVE111」山と溪谷社

くらげの生態、毒、飼い方などの基礎知識はもとより、漫画や映画に登場するくらげなど、111個のトピックスをまとめたディープな一冊。

jfishサイトを見た山と溪谷社の編集者から「今までにないくらげの本を作りたい」とのオファーをうけ、クラゲLOVE111の執筆を決意したものです。

平山博文さんが特に注目したのは、生態以外の一面。キャラクター、音楽、ゲーム、妖怪、文学にも数多く登場するくらげたちを、様々な角度から分析し、その魅力を紐解いています

「ただの海水浴場の厄介ものじゃない、くらげを知ってほしい」とくらげマニアの第一人者・平山博文さんは語っています。

「ほんわかクラゲの楽しみ方」

写真が多く掲載されていて、ふわふわ、ゆらゆらと水に中を漂うクラゲの姿を楽しみたい、癒されたい方や文字が多いのが苦手な方にはお勧めの本です。

クラゲの生態から、図鑑、観賞できる場所、クラゲにまつわる豆知識、さらにはクラゲと一緒にお散歩!? など、さまざまな角度からクラゲの魅力がたっぷり紹介されています。

かわいいクラゲの姿に、癒されること間違いなし!

「クラゲの不思議(知りたい☆サイエンス)」

平山博文さんが立ち上げたjfishが出している本で、クラゲに関する専門的な知識をつけることができます

クラゲには脳も心臓もないのに、どうやって私たちと同じように動いて食べて成長して繁殖するのか?クラゲは時間差で身体全体が脳であったり、心臓であったり、胃に、腸になって生活してるなどということ、そのほかにもクラゲの不思議がたくさん書いてあり、とても楽しく、クラゲがもっと好きになる1冊です。

クラゲを自宅で飼ってみよう!

クラゲを自宅で飼うには、水槽海水を入れてクラゲを入れたらいいのですが、クラゲがふわふわ、ゆらゆら漂うことができるように水流が起こる機械とクラゲの住む環境がいつもきれいであるようにろ過器をつけるなど細かいことが要求されます。

けれども簡単に自宅でクラゲが飼えるように、クラゲ飼育専用水槽があります。

オービット20

                

この水槽には、濾過器から照明まですべての機能が内蔵されています。

照明の色は16色、明るさは8段階の調節がリモコン一つで行うことができます。

とってもおしゃれで、お部屋のインテリアとしてもばっちりですね。

くるくるクラゲ水槽

                 

こちらは、ヒーターも照明も何もついていません。

空気を送り込むことで水流を作りクラゲを泳がせる仕組みになっています。

クラゲの住む環境となる海水は、食事用の塩ではなく初心者の人は海水の素を使って作りましょう。
                 

マツコは、平山博文さんの話すクラゲの魅力にとりつかれて、マツコの自宅でクラゲを飼うことになるのでしょうか?
関連記事
マツコの知らない世界・北のグルメハンター本田大助の北海道物産展で買うべき17品!
マツコの知らない世界・北のグルメハンター本田大助ってどんな人?北海道物産展のお勧めは?
マツコの知らない世界・中尾隆之さんが勧めるお土産饅頭10選!
マツコの知らない世界・中尾隆之はどんな人?饅頭のカリスマで、チャンピオン?お勧めの饅頭は?
マツコの知らない世界・竿代信也はどんな人?お勧めの和栗スイーツは?いわまの栗とは?
マツコの知らない世界・盆おどらーの佐藤智彦はどんな人?経歴や人生を変えた踊りとは?

Pocket

スポンサーリンク