Pocket

2月3日は節分。福は内!節分には、恵方巻を食べたり、豆まきをして、新しい年の幸せを祈ります。「豆まきをしたら、豆を拾って年の数だけ食べましょう」といっても、年の数を食べることは年齢が上がるにつれて、だんだん大変になってきますよね。節分豆のいろいろな食べ方を紹介します。

節分ってどんなものでしょう?

節分は、実は豆まきをする2月だけではなくて、文字通り季節の変わり目である「立春、立夏、立秋、立冬」の前の日をいうのでもともと、4回あるのです。

寒い冬の後に春が来ることが人々にとって、大きな喜びであったことと、立春が、旧暦では元旦に当たることから江戸時代からは、特に春の節分を指すようになりました。

季節の変わり目には邪気(鬼)が来ると考えられていて、この鬼を追い払うために悪霊払いの行事が行われます。春の節分には、災害や疫病を鬼に見立てて追い払う「追儺(ついな)」という儀式が行われていました。

追儺が宮中行事で行われていたころには、今とは違って、桃の枝などが使われていましたが、室町時代頃には炒った豆を打ち付けることが一般的になりました

豆まきに豆を使うのはなぜ?

大豆は五穀(代表的な人間の主食のことをいいます。稲、麦、粟、大豆、小豆、または稗)の中でも、穀霊が宿るということで、米に次いで神事に使われてきました
               
昔、京都の鞍馬に鬼が出たときに、毘沙門天のお告げに従い、大豆を鬼の目にぶつけて退治したという話があります。

「魔(ま)の目(め)」に豆をぶつけて魔を滅する「魔(ま)を滅っ(め)する」ことから「豆」。
               
また、豆まきに使う豆は必ず炒ったものを使います

豆を使って悪いものを退治するので、豆まきをして悪いものに当たり、片付け忘れた豆から芽が出て来たら、悪が育ってきたということで縁起が悪いとされています。

豆まきはいつするの?

鬼は真夜中に忍び込んでくるので、豆まきは夜に行います。

豆のまき方

豆をまくときには、家の玄関や窓は開けておき、一般的には奥の部屋から順番に豆をまいていき、最後に玄関にまきます

開けた窓の外に向かって「鬼は外!」と豆をまき、外に出た鬼が入ってこれないようにすぐに窓を閉め、「福は内!」と唱えて部屋の中に豆をまきます。

豆をまくときには、畑に種をまくように下からまきます

豆まきが終わったら、この炒り豆を頂きます。この豆を食べることでやっと、鬼退治をしたことになるのです。新年の厄払いの意味を込めて、数え年で食べるとされています。

福豆の活用方法

福茶にして頂く

湯呑1杯分の材料

  • 福豆  3粒
  • 塩昆布または佃煮昆布
  • 梅干し(種は抜いておく)
  • 熱湯又はお茶

作り方

  • 材料を全部入れ、熱湯を注ぎます。
  • 昆布と梅干で味が出ます。
  • 3という縁起のいい数の福豆がふやけてきたら飲み頃です。

昆布・・喜ぶに通じ、梅はおめでたい松竹梅の梅です。
福茶
出典:デジタル大辞典

福豆ごはん

材料

  • 米   2合
  • 福豆  20g
  • 料理酒 大匙1
  • 白だし 大匙1
  • 昆布  10cmくらい
  • 水   いつもの量

作り方

福豆は炊飯器のスイッチを入れる前に入れておきます。

昆布がない時は、塩分が強くでないように小さじ1の昆布茶でもOk。

香ばしい福豆ごはんをどうぞ!

きな粉にする

  • 福豆

福豆をフライパンで炒ってから、ミルサーやフードプロセッサーなどで粉砕して香ばしいきな粉のできあがり。
              

福豆が豆菓子に大変身

材料は、砂糖だけ

  • 福豆  120g
  • 上白糖  65g
  • 水   100g

作り方

フライパンに水と上白糖を入れ、火は中火で砂糖を溶かして煮詰めていきます。

火を弱めとろみがついてきたら火を止め福豆をフライパンに入れて、ヘラで混ぜて、豆に飴をからめます。

豆にからんだ透明な飴が、白くなり豆がほぐれれば出来上がりです。お好みで、黒砂糖、生姜汁を加えても美味しいです。

節分には豆まきをして、まいた豆をシッカリ食べて鬼退治をしましょうね!!

関連記事
節分で恵方巻きを食べる理由・由来は?仕掛け人は広島の◯◯!?
節分の全国各地の行事食はどんなものを食べる?地域性が面白い!
節分2018年の日にちはいつ?その由来や豆まきの理由も気になる!
節分にイワシを食べる理由は?ヒイラギを使った玄関飾りの由来も!

Pocket

スポンサーリンク