Pocket

今年の2月3日は節分です。実は日本には4つの節分があるのです。節分が4つあるというのは、節分が「季節の始まりの前の日」のことなので、立春、立夏、立秋、立冬の前日の4つです。節分の日に、節分だからこそ食べようという全国の行事食がいろいろあります。

節分の行事食にはどんなものを食べる?

古来、日本では、春を迎える=新年を迎えるということで大切な節目のため、室町時代頃から節分といえば立春の前日を指すようになりました。

節分の日に、節分だからこそ食べようという全国の行事食がいろいろあります

立春を新年と考えれば節分は大晦日にあたり、前年の邪気を祓って福を呼び込むために宮中行事として“追儺(ついな)”が行われていました。

後世になると、一般の神社やお寺でも節分に豆まきが行われるようになり、江戸時代には民間でも広く行われるようになった、という説があります。

こんにゃく

                
胃や腸の中をきれいにする働きがあるので、昔の人は「胃のほうき」「砂おろし」と呼び、季節の変わり目や、節分・大晦日、大掃除の後にこんにゃくを食べて「体調を崩さないように、体内にたまった砂を出して、体の中をきれいにする。」という風習が生まれました。

年末の大そうじと一緒ですね。

なかでも香川など四国地方に多く受け継がれ、白和えや煮物、酢こんにゃくなどが食卓に上っています。

こんにゃくといえば群馬が有名ですが、香川の山間地域でもこんにゃくいもが栽培されており、なかでもそばを栽培している地域では、そばがらを焼いて作った灰汁が、こんにゃく作りに利用されているそうです。

そういえば、おせち料理のお煮しめにも手綱こんにゃくは必ず入っていますね。

節分そば

               
立春前日にあたる節分を年越しと考えていたので、前の年の邪気を払う「節分そば」は、今で言う「年越しそば」のようなものです。

江戸時代の後期には、大晦日ではなく節分に食べるそばを“年越しそば”と呼んでいたそうです。

出雲そばが有名な出雲地方でも、立春を新年ととらえ、その前日の節分に年越しそばを食べる風習が残っている地域があるそうです。

イワシ料理

                
関西地方の一部では、節分の折にはイワシの頭をヒイラギの枝に差し、玄関に飾る「焼嗅(やいかがし)」という風習があります

これはイワシを焼いたときの煙と臭いによって、悪鬼が退散するという厄除けの飾りで、食卓にはめざしや塩焼きなどのイワシ料理(節分いわし)が上ります

しもつかれ

               
「しもつかれ」は北関東地方(栃木県、群馬県、茨木県)に広まる伝統の郷土料理で、とくに初午の日に作り赤飯とともに稲荷神社に供える行事食です。

鮭の頭、節分にまいた豆の残り、野菜の残りを細かく刻むか粗くおろすかして大根おろしと混ぜた料理をいいます。

しもつかれに関する俗言も、いろいろあります。

「しもつかれを7軒食べ歩くと病気にならない」

「なるべく多くの家のしもつかれを食べると無病息災だ」

独特な味と香り、外見から好き嫌いが大きく分かれるようですが、栃木県内ではスーパーで出来合いの総菜として売られたり、学校給食のメニューになるほどメジャーなものです。

クジラ(おばいけ)

おばいけ

出典:Mマート

山口県では、節分の日にクジラを食べる風習があります。

これは、大きなものを食べると大きく年をとることができると昔からのいわれがあり、クジラは縁起物として古くから食されてきました。

「志を大きく」「心を広く」など、大きなクジラにあやかって大きな幸福を願う意味が込められており、刺身はもちろん、竜田揚げやクジラ汁などにして食べられています。

「おばいけ」とは、クジラの尾びれと身の間の部分を薄くスライスし、刺身や湯引きにしたもので酢みそをつけて頂くもので、山口の郷土料理です。

独特のシャキシャキとした食感があり、「おばいけ」を節分に食べると、1年を無病息災に過ごせるといわれています。

ざくざく

ざくざく」は、節分のほか、大晦日や正月に食べられている会津地方の郷土料理です。

「ざくざく」という名の通り、一口大にザクザクと切った大根、人参、ごぼう、里芋、こんにゃくなどを、煮干しの出汁で煮込んだ醤油味の煮物です。

よく似たものに「こづゆ」という料理がありますが、こちらは出汁に「貝柱」を使い、具材は「ざくざく」よりも小さくなっています。

もともとは武家のおもてなし料理で、正月や冠婚葬祭に欠かせない料理でした。この「こづゆ」を、庶民でも食べられるようアレンジしたものが「ざくざく」だといわれています。

恵方巻

恵方巻き(丸かぶり寿司)で鬼退治!
               
節分に食べる巻きずしを「恵方巻き」「丸かぶり寿司」といいます。

大阪で生まれた風習が話題となって全国に広がってきたもので、節分の風習として定着しつつあります。

恵方巻は

  • 福を巻きこむという意味で巻きずし
  • 巻きずしは、逃げた鬼が忘れていった金棒に例え、鬼の金棒を食べることで厄をはらう
  • 七福神にあやかって具は7種類
  • 縁(えん)を切らないよう、包丁で切らずに丸ごと1本

をその年の恵方(いい方角・・北北西)を向いて、願い事をしながら無言で食べます。

けんちん汁

               

関東地方の一部に伝わる節分の行事食で、大根やニンジン、ゴボウなどを胡麻油で炒めてしょうゆや塩で味を整えた野菜たっぷりのけんちん汁は、体が温まる栄養豊富なメニューです。

昔は節分だけでなく小正月や初午(はつうま)などの冬の行事も盛んでしたが、こうした行事をあまりやらなくなったので、節分にけんちん汁を食べる印象が強くなったようです。

けんちん汁に、こんにゃくや豆まきの大豆を入れることもあります

よく豚汁との違いが分からない、という人がいますが、けんちん汁は精進料理なので肉などの動物性タンパクは使いません

そしてけんちん汁の味付けには「味噌」ではなく「醤油」を使います。

風味を出すためには、ごま油で野菜を炒めてから煮るのがポイントです。

大根やニンジンなどの根野菜と、くずした豆腐の入った汁物で、節分に限らず、冬の祭りなど、寒い日に体を内側から温める汁物としてふるまわれていました。
               
「けんちん汁」の発祥は、鎌倉の建長寺だといわれています。

寺の法要で出す精進料理の豆腐がくずれてしまった際、急場しのぎとして野菜と一緒に煮込み、具沢山の汁物として出したところ、それが大変評判になったとのこと。

そのため、今でもけんちん汁の豆腐は、あえて崩して入れます。崩した豆腐は、味が染みやすいという利点もあるのです。

福茶

福茶

出典:デジタル大辞典

「福茶」は、「よろこぶ」につながるこんぶと、おめでたい「松竹梅」そして毒消しの梅が入ったお茶で、お正月にも頂く、邪気を祓い福を呼ぶ、縁起のいいお茶です。

節分にはさらに「3」という縁起のいい数の福豆を入れ、1年間「まめまめしく働ける」という意味もこめます。

節分の豆を年の数だけ食べられないときも、福茶がその代わりになります。香ばしい福豆がふやけておいしく食べられます。

熱湯の代わりに緑茶やほうじ茶でつくる地方や、焼いた梅干し、山椒、砂糖など、地域によって入れるものは異なっています。

福茶の材料(湯のみ1杯分)

  • 塩こんぶ、またはこんぶのつくだ煮……適量
  • 梅ぼし……1個
  • 福豆(豆まきに使う豆)……3粒

作り方

湯のみに材料をすべて入れ、熱いお湯をそそげば出来上がり!

遠いところに行かなくても、自分の住んでいるところにあるもので出来そうなものもありますね!お蕎麦も、大晦日の年越しだけでなく節分の時に食べると新鮮で、気持ちもよく新しい春を迎えることが出来そうです!!
関連記事
節分で恵方巻きを食べる理由・由来は?仕掛け人は広島の◯◯!?
節分の豆撒きで余った福豆の使い方は?その活用方法が気になる!
節分2018年の日にちはいつ?その由来や豆まきの理由も気になる!
節分にイワシを食べる理由は?ヒイラギを使った玄関飾りの由来も!

Pocket

スポンサーリンク