Pocket

糸島市の南側は背振山地とつながっていて、ハイキングコースのある山もたくさんあります。日の出に間に合う、早朝にはバスは走っていないのでマイカーでのおでかけを!

2019初日の出スポットin福岡県糸島市!アクセス方法、トイレや駐車場も。

井原山 いわらやま(九州百名山)

福岡・佐賀県境にある背振山地の標高962mの第二の高峰が井原山です。

アンノ滝から井原山へ登るコースは森林浴100選で健脚コースに選ばれています。

  • アクセス 西九州自動車道「今宿東I.C」より国道202号線バイパス波多江交差点を左折、約20分で井原山入り口。水無駐車場までさらに約10分、その後徒歩約90分。
  • バスの場合:JR筑肥線波多江駅が最寄り駅、糸島市コミュニティバスで井原山入口バス停行きに乗り、30分。バス停から約1時間。
  • 駐車場は、井原山入り口に5~7台、井原山登山口に15台、トイレのある駐車場があります。
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会  092-322-2098
  • 糸島市商工観光課 092-323-1111

火山 ひやま

山腹にある、不知火火山瑠璃光寺には、薬師如来が祀られており、標高が246mの山です。パラグライダーのメッカとしても有名です。

雷山山脈から昇る御来光が見られます。

初日の出予定時間は、7時23分頃です。

所在地 糸島市志摩稲留1053

  • アクセス 西九州自動車道「前原I.C」から稲留公民館まで、車で約25分。稲留公民館から山頂まで徒歩約80分。           JR筑肥線「筑前前原駅」より昭和バス 船越行き「稲留バス停」下車、徒歩40分

    早朝のバスはありません
  • 駐車場 糸島市役所志摩支所駐車場を利用 100台
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会 092-332-2079福岡筑後地区の初日の出スポット

立石山

標高209m。登山道は少しハード。糸島が一望できて、景色はとても素晴らしいです。

所在地 糸島市志摩芥屋

  • アクセス 西九州自動車道「前原I.C」から芥屋海水浴場まで車で約30分。駐車場から山頂まで徒歩約60分
  • 頂上まで徒歩15分の裏ルート※
  • JR筑肥線「筑前前原駅」から昭和バス芥屋(けや)行き「芥屋バス停」下車、徒歩30分→早朝のバスは、ありません
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会  092-322-2093
  • 糸島市商工観光課 092-323-1111

※登山ルートは2つあり、頂上まで歩いて15分で行ける裏側の短縮ルートがあります。芥屋にあるコワーキングスペースのライズアップ芥屋のところを左に曲がるとある、芥屋の駐車場を左に曲がり、2個目の細い道を右に曲がって、ずっと進んでいくと登山口の入り口に着きます。(駐車スペース5~6台)

雷山 らいざん

福岡県糸島市と佐賀市富士町の境界にある、背振山地の山で、別名を「いかづちやま」といい、山中に雷神を祀ることに由来しています。

標高は955m。西側はスキー場となっています。登山口にある、千如寺には高さ約5mもある、千手千眼観音の木像が安置されています。

山頂からは西に唐津湾、北に糸島半島、玄界灘、更に福岡市街から背振山、南に天山と素晴らしい眺望が楽しめます。

所在地  糸島市雷山

  • アクセス JR筑肥線「筑前前原駅」から昭和バス
  • 雷山観音行き30分、終点下車。徒歩1時間。→早朝のバスはありません。
  • 駐車場 雷山観音前のバス停付近に30台以上停められる。
  • トイレあり。
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会  092-322-2093
  • 糸島市商工観光課 092-323-1111

              

可也山 かやさん

糸島市にある標高365,1mの山

標高は500mにも満たないけれど、形が整った美しい円錐形の山で、糸島半島の平野部のどこからでも見ることができます。

筑紫富士(つくしふじ)、糸島富士(いとしまふじ)と呼ばれています。

山頂からは、東は博多湾、西は唐津湾、天気のいい日には壱岐まで見えるとのこと。

山頂の手前には可也神社があり、神武天皇が祀ってあります。神武天皇が日向の国から東征に向かう折、国見をするためにこの山頂に立ち寄られたとの言い伝えが残っています。

  • アクセス JR筑肥線「筑前前原駅」より昭和バス志摩町役場行き「師吉(もろよし)公民館前バス停」下車。徒歩30分。
  • 早朝のバスはありません
  • 駐車場 糸島市役所志摩支所の駐車場を利用師吉公民館の駐車場は使えません
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会  092-322-2093
  • 糸島市商工観光課 092-323-1111

高祖山 たかすやま

福岡市と糸島市の境に位置する標高416mの山。

この山を見ると、牛が長々と寝そべっている姿のように見えるというので「臥牛山」と呼んでいる、地元の人もいます。

西側の斜面一帯は、奈良時代に築かれた山城(怡土城)で見どころは満載です。高祖神社の本殿は、古い神社建築で大変貴重なものだといわれています。

高祖山は、高祖神社から登山をスタートする方法、今宿野外活動センターからの登山道があります

後者は、遊歩道はよく整備されており、1〜2時間ほどで山頂に到達できます。

山頂は木が茂り眺望があまり良くないので、途中、見晴らしがよく景色がよく見えたところでいったん止まって、東に博多湾や福岡市街、西に可也山や浮嶽、羽金山、雷山など脊振山系の山々とともに、ご来光を見て山頂まで登ることがお勧めです。

  • アクセス  西九州自動車道「今宿東I.C」より国道202号線バイパス飯氏交差点を左折、約10分で高祖神社。その後徒歩約60分。
  • 今宿野外センターからの登山道
  • 駐車場  高祖山の西側、県道56号線から入った所に高祖神社の入り口があり、ここから民家の間を抜けて、400mほど登ったところに駐車場があります。
  •      今宿野外センター
  • 問い合わせ先 糸島市観光協会  092-322-2093
  • 糸島市商工観光課 092-323-1111

関連記事
2019初日の出スポットin福岡県筑後地区!アクセス方法、トイレや駐車場も。
2019初日の出スポットin福岡県太宰府市、筑紫野市!アクセス方法、トイレや駐車場も。
2019初日の出スポットin福岡市内!アクセス方法、トイレや駐車場も。
2019初日の出スポットin北九州!アクセス方法、トイレや駐車場も

Pocket

スポンサーリンク