Pocket

新車を買う時、メーカー別に見に行かないといけないところを、市場で商品を選ぶようにいろいろなメーカーの車を横並びで比べて
選ぶことができる「新車市場」10分100円から借りれるレンタカー「100円レンタカー」で知られるカーベル社の社長は伊藤一正氏です。この伊藤一正氏はプロレスラーで、特技が変身とのこと、いったいどんな人なのでしょうね。

伊藤一正氏の経歴は?

伊藤一正氏は、愛媛県出身の1970年生まれ。2006年にカーベル社を立ち上げ、代表取締役に就きましたが、2014年には、エイベックスよりCDデビュー、2016年にはメキシコにてプロレスデビューしました。

学生時代はバスケットボールで活躍していた伊藤一正氏は、当時目指していた全日本プロレスの応募基準の身長に5㎝足りなかったことで一度は諦めたプロレスへの道を、社会人になって叶えたのです。

カーベル伊藤一正はプロレスラー

国内で180㎝以下でプロレスラーとしてデビューすることは、現在でも難しいのですが、海外では身長が伊藤一正氏よりも低い選手が多いので

「自分はプロレスラーだ」

という既成事実を作っておけばいいと考え、自動車業界の視察と自分のデビューを、カーベル10周年に「伊藤がプロレスラーとしてデビューする」というサプライズのおもてなしを兼ねてメキシコでデビュー戦を行ったとのこと。

学生時代に行っていたバスケットボールのおかげで、飛ぶことや飛んだ時の体勢のキープが役に立っているように感じるとのこと。

人生に無駄なことはないということですね!

カーベル伊藤が語る他のレスラーより優れているところ

カーベル伊藤が他のレスラーより優れていると思うところは、集客力です。

技とかそういうものではなく、カーベル伊藤が出ることによってその地域の加盟店さんとかお取引さんが沢山見に来て頂けること。

その結果、プロレスのメジャー化や、「こんな人がプロレスにチャレンジしている」という話題で活性化とか、そっちをメインにファンの方に伝えることができればいいなぁと考えているとのこと。

そんなカーベル伊藤こと伊藤一正氏が求める人財は

  1. 幼稚園時代から現在に至るまで、ジャンケン大会、縄跳び、スポーツ、早食い競争、カラオケ大会、ミスコン、勉強、売上、ビンゴ…何でも良いから1番をとったことがある人』
  2. 2次面接で必ず聞かれる『男とは何ぞや』に対し、明確な回答を持っている人
  3. 親を大切にする人

これを見て、凄いなぁと思いました。人材とは言わず、人財

自分は、今まで一番になったことがありません。「これが好き」とそこを目指して突き進むことができませんでした。周りの人に変だと思われないかなとか、そんなこと!ってバカにされないかと人の目を気にしてきたからです。

ちゃんと見てくれる人はいるのだなと嬉しく思います。自分も、今からカーベルには間に合いませんが、自分の為に自分のやりたいようにやっていきたいと思います。

でも、好きなだけでなく、伊藤一正氏は『1番』と『正しい』をいつも、自分に問いているとのこと。

カーベル伊藤一正の経歴は?

それで1番になれるのか?その方向性や判断は正しいのか?個人としても経営者としても、これがベースなのだそうです。

方向が間違っていたら、いけませんものね。

伊藤一正氏はカーベル伊藤を名乗り、オリジナルのマスクを被って全日本プロレスなどのリングに上がりレスラーとして戦っています。

特技の変身の姿には、なかなか出会えないと思いますが、地方のプロレスのリングではカーベル伊藤に会えそうです。

伊藤一正の特技は変身

プロレス会場で握手やサインを書いている件数は全日本プロレスでは断トツ!選手控室に控えていないのが、カーベル伊藤なのだそうです。写真も「一緒に撮りませんか?」と声をかけてきてくださるそうです。

カーベル伊藤には、強い愛の力で悪から日本を守ってもらいたいです!

 

マスクを被れば、恥ずかしがり屋さんも
違う自分になれますね!

Pocket

スポンサーリンク