Pocket

ここ数年人気急上昇の女子格闘技。中でもRAIZIN女子スーパーアトム級初代チャンピオンに輝いた浅倉カンナがかわいいと話題です。大注目の浅倉カンナの父親も変わり者と言われています。ツヨカワ女子の浅倉カンナの出身高校や父親の変わり者といわれていますがほんとなのでしょうか?

浅倉カンナが総合格闘を始めたきっかけ

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

朝倉カンナ( 栞南)は、1997年10月12日、千葉県生まれ。

現在バラエストラ松戸に所属の総合格闘家です。

浅倉カンナは、父親の影響で幼い頃からレスリングを始め、小学校高学年には「東京ゴールドキッズ」に所属。

中学時代ではクリッパン国際大会38kg級で優勝、高校1年時では全国高校総体(インターハイ)46kg級で3位という輝かしい成績を収め、国際大会でも優勝していました。

浅倉カンナは、レスリングだけではなく、柔道では黒帯、柔術では青帯を取得しています。

幼いから格闘家としての才能が良い環境で芽を出していたのですね。

浅倉カンナの出身高校は?

高校にはレスリングで進学したけれども、学校が合わなくて1年で高校とレスリングも辞めてしまった浅倉カンナ。

浅倉カンナが進学した高校は、山梨県韮崎工業高等学校です。こちらの韮崎工業高校は高校レスリング部の全国大会出場が常連の学校です。

別の高校に入り直したけれどもレスリングを辞めて、毎日がすごくつまらなくなっていた時、このまま普通の女の子になろうかとも思ったそうです。

レスリングだけを見つめてきて、何をしていいかわからなかった浅倉カンナがRENAのシュートボクシングの試合を見たとき、RENAがとてもカッコよく感じ、シュートボクシングをやろうと思いましたが、長く続けてきたレスリングを活かせるのは総合格闘技だと思い、総合格闘技を始めることにしました。

強くなろうと思って始めた総合格闘ではありませんでしたが、1試合にかける思いも勝った喜びも大きくレスリングをしていた時よりも夢中になっていたとのこと。

入り直した高校の名前は公表されていませんが、浅倉カンナのインスタグラムにあげられた卒業式の写真に写った卒業証書に「立志舎高等学校」とありますので、浅倉カンナの出身高校は立志舎高校で間違いないと思います。

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

2014年10月17才でデビュー

2016年RAIZINデビュー戦には敗れたが、2017年4月大会から4連勝しています。

浅倉カンナがかわいい!

浅倉カンナはデビューが17才で高校生でした。

現役高校生が総合格闘家としてのデビューですから大変注目されました。

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

浅倉カンナさん(@a_kanna_)がシェアした投稿

制服で試合に入場したこともあります!

朝倉カンナがかわいい!

出典:イーファイト2017年1月5日

浅倉カンナの父親が変人ってほんと?

浅倉カンナの父親が変人と言われているのはほんとです。

浅倉カンナの父親は浅倉洋平といいます。

浅倉カンナのコーチでもあるし、浅倉カンナに子どもの頃からトレーニングを積ませてきました。

若い頃は格闘家として闘っていた朝倉カンナの父親・浅倉洋平は幼い朝倉カンナに子どもの遊びはさせず、腕立てや懸垂をさせ、学校の先生にも「家では、トレーニングをさせるから宿題は出さないでくれ。」と頼んだといいます。

こんなお父さんですから、浅倉カンナの成績には興味がなく、テストや通知表は見たことがないそうです。

しかも、浅倉カンナはレスリングに集中するあまり出席日数が足りず、2度留年してしまいました。

今回卒業が決まったときにコーチでもある父からは、「女子高生ファイターが売りになっているから留年しろ」と冗談交じりに言われたそうです。

無事に高校卒業した浅倉カンナは「これからは格闘技一本でいくので楽しみです」と話しています。

学業と格闘技の両立は大変なことだったと思います。

これからのRAIZINでの活躍も楽しみですね。

女子格闘浅技の人気が高まっていく中、ツヨカワ女子の浅倉カンナを応援していきたいと思います。

Pocket

スポンサーリンク